発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「マニュアルどおり」が生きがいの人 | トップページ | ほどほどの距離 »

2009年11月23日 (月)

変わる店、変わらぬ店

このまま春になってしまえばいいのに~と思うくらい、暖かくて気持ちの良い一日晴れ
午後、久々にシモキタをぶらっと歩いた。

夏にリニュアルしたという無印良品に行って、日用雑貨をいくつか調達。

そういえば何年か前、無印良品の「企業アンケート」に協力したことがある。
それも有楽町マリオンの前を歩いていたところをとっ捕まえられて、いろいろ質問され、答えているところをビデオに撮影されるという念の入ったものだった。

私は普段、キャッチセールスやティッシュ配りの人には冷たいのだが、このときだけは魔がさしたのか。確か、
「そこそこ安くて色んなものがあるけど、あまりオシャレじゃない印象」
などと、遠慮なくべらべらとしゃべった記憶がある。

そんな私の意見のおかげで(???)、その後、無印良品はびっくりするほどセンスが良くなったと思う。
おまけに、どの商品も機能性にもすぐれ、値段もリーズナブル。
何といっても圧倒的な品揃えで、「必要だけど、どこに売ってるのかわからない」ようなものが何でも売っているのが助かる。

この企業努力には敬服するし、そういう企業の商品こそ買うべきだ。今じゃすっかり無印ファンとなった私である。

その後、北口、南口と歩いた後、「カフェ・トロワシャンブル」で一服コーヒーし、「アンゼリカ」でみそパンを買って帰った。

消えて行く老舗も多いシモキタで、この2つの店だけは私の大学時代から(つまり20年以上)変わらず続いている。
今日は連休ということで、ひときわ賑わっていたのがうれしかったわーい(嬉しい顔)
こちらはずっとこのままでいて欲しいな。

« 「マニュアルどおり」が生きがいの人 | トップページ | ほどほどの距離 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

シモキタ、僕も大好きです。
中本さんとは同世代だと思うので
同じ時期の学生時代を過ごしたはず
です。

以前と比べるとおしゃれさは
なくなったような気がします。
どうなんでしょう!?

でも今は兵庫ですがたまに
行きたくなりますネ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わる店、変わらぬ店:

« 「マニュアルどおり」が生きがいの人 | トップページ | ほどほどの距離 »