発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ガムシロップはおひとつでよろしいでしょうか? | トップページ | テヴィエ役者 »

2009年10月22日 (木)

ヅカ漫談

「Amiの会」っていう、中小企業診断士さんを中心とした集まりで話をしてきました。

それなのにテーマがぁぁっ!

「宝塚(ヅカ)を観ずして死んではいけない
~客が押し寄せるヒントはここにある」


ええっ?そんなんでいいの?? 誰も集まらないんじゃないの?と心配したんだけど、何故かモノ好きな人たちが(?)30人近くも集まってくださった。

「中本さんの話したいことを、熱く語ってください」
という、主催者様の温かいお言葉に励まされ、調子に乗ってしゃべりまくったら、これが不思議と大受け。

「今までにない、斬新な会でした」
「普通、木曜の夜の講演会で、こんなに笑えない」


等の感想をいただく。
思わず、ヅカ漫談師としての道を歩もうかしら?と思ってしまうくらい。


でも、同じことをまたやれといわれても、できる自信はないな。
たぶん、プロのお笑い芸人の人たちは、「ここでこう言えば客席でこうウケる」といったことが自在にコントロールできるんだと思う。
でも昨日はむしろ、「ええっ、こんなとこでウケるんだ!?」という驚きの連続だったからな~。

人に笑ってもらうのって、ほんと難しいけど、楽しい。
・・・僭越にも、そんなことを感じた夜だった。


※聴きにきてくださった皆さま、主催者の皆さま、ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

« ガムシロップはおひとつでよろしいでしょうか? | トップページ | テヴィエ役者 »

ひとり仕事」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/31907415

この記事へのトラックバック一覧です: ヅカ漫談:

« ガムシロップはおひとつでよろしいでしょうか? | トップページ | テヴィエ役者 »