発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 【妄想】ヅカ版「逆転裁判3」をやるなら | トップページ | ミクシィがなんだかすごい »

2009年9月17日 (木)

クリイモトリ煮

061009kuri 「らでぃっしゅぼーや」で、栗が来てしまった。
フツーに茹でて食べるだけじゃ芸がないよなぁということで、作ってみたのが「栗と里芋と鶏肉の煮物」。

レシピは「クッキングパパ」33巻を参照のこと。
おいしいですうまい!

日記によると、私はこの料理を2006年10月にも作っているらしい。
そのとき「ようやく栗のむき方を習得した!」と大イバリで書いているのだが、今日むいてみたら、もう手が痛くて痛くて・・・たらーっ(汗)
私はいったい何を習得したというんだろう?

ちなみにこの料理、「クッキングパパ」によると「よかにせどん(鹿児島弁で「いい男、いい人」の意)」が見つかったときに作りたくなる料理らしい。
夢子さんも、田中くんからプロポーズされたときに作ってあげている。

が、私にはいっこうにそういう気配がないのは残念なことである。


※写真は撮り忘れたので、2006年秋のものを流用してます(笑)

« 【妄想】ヅカ版「逆転裁判3」をやるなら | トップページ | ミクシィがなんだかすごい »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリイモトリ煮:

« 【妄想】ヅカ版「逆転裁判3」をやるなら | トップページ | ミクシィがなんだかすごい »