発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「会社辞めます」といわれて | トップページ | 気がついたら1年 »

2009年9月30日 (水)

距離は愛を超える話

12月に井上芳雄くん&白羽ゆりちゃんで上演されるミュージカル「シェルブールの雨傘」、映画版のDVDをみたんですよ。カトリーヌ・ドヌーヴ主演のやつ。

甘~くせつないラブストーリー揺れるハートと思っていたら、ぜんぜん違うじゃん!!!
さすが、フランス映画のリアリズム。
今みると面白いし共感もできるけど、もっと若いころだったら、ぜんぜん理解できないか、あるいは、むかついたかもしれない。

「信じてる、この愛は永遠だと・・・」ウソだぁ!
この話から得られる教訓をひとことでいうと「距離は愛を超える」ですウッシッシ


以下、ストーリーを要約すると、こんな感じ(ネタばれ注意)。


<第1部>

物語の舞台はフランス北部の港町シェルブール。
ギイジュヌヴィエーヴはラブラブな恋人どうし。

ジュヌヴィエーヴは傘屋を営む母親と二人暮らしの17歳。
ギイはガソリンスタンドで働く20歳の青年。病気の伯母と暮らしており、この伯母をマドレーヌという地味な女性が看病している。

ある日、ギイのもとに2年間兵役の召集令状が届く。
涙にくれるジュヌヴィエーヴ・・・ふたりは最後の一夜をともに過ごし、ギイはアルジェリアに向かう(確かにこのあたりまでは、甘すぎるぐらい甘く切ない展開)

<第2部>

淋しさのあまり、気も狂わんばかりのジュヌヴィエーヴ。しかも、「一夜」の結果、ジュヌヴィエーヴには子どもができてしまう。ギイからの手紙もなかなか届かない。

そこに、金持ちの宝石商カサール氏登場!
ジュヌヴィエーヴにアプローチをはじめる。

「子どもはいっしょに育てましょう」とまで言ってくれるカサール氏に次第に心動かされるジュヌヴィエーヴ、ついに彼との結婚を決意する(女ってそんなもんよね)

<第3部>

除隊したギイはジュヌヴィエーヴの傘屋を訪ねるが、誰もいない。
結婚後すぐに、パリに行ってしまったのだ。

失意のあまり荒れ狂うギイ。さらに伯母の死。看病をしていたマドレーヌも去っていこうとするが、「ひとりでいたくないから、いっしょにいてくれ」と懇願する。やがてふたりは結婚して、幸せな家庭を築く(結局、そばにいてくれる人が一番なのだ)

ラストシーンは、ある年のクリスマス。
ギイが経営するガソリンスタンドに一台の車が到着。ゴージャスな婦人が降り立ち・・・

« 「会社辞めます」といわれて | トップページ | 気がついたら1年 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/31583357

この記事へのトラックバック一覧です: 距離は愛を超える話:

« 「会社辞めます」といわれて | トップページ | 気がついたら1年 »