発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 書店まわり(其の弐) | トップページ | エリザ「私だけのツボ♪」 »

2009年8月 8日 (土)

書店まわり(其の参)

「なぜ宝塚歌劇に客は押し寄せるのか」(愛称「なぜヅカ」)の書店まわり。
3日目の昨日は山手線半周コース攻めの日だった。

・三省堂神保町本店
・リブロ池袋
・ジュンク堂池袋
・ブックエキスプレス Dila上野
・ブックストア談 浜松町店


4件目の「ブックエキスプレスDila上野」は、あの「蟹工船」ブレイクのきっかけをつくった店として、ギョーカイでは有名な本屋さんである。
「ほーほー、ここがあのDila上野かぁ目がハート」とミーハー気分で店内見学し、
「男も読むべし!」
と書いたPOPをシッカリお渡ししてきた。


締めくくりの浜松町「ブックストア談」で、思いがけない盛り上がりが・・・exclamation ×2

ここは、早坂隆くんの「世界の日本人ジョーク集」(中公新書ラクレ)をブレイクさせた店だ。店内は意外に広く、羽田に向かうビジネスパーソンがよく利用するからビジネス書はことに充実している。

そして、この店のサイトには、「著者ご来店のコーナー」というメニューがちゃんとあるのだ。
http://www.bunkyodo.co.jp/danhp/hama/007.htm

私も行ったらいきなり奥のスタッフルームに通され、サインとか書かされ、写真も撮られた。恥ずかしかった~あせあせ でも、来週明けにアップされるらしいので、みてください!

それから出張前、機内の1冊には「なぜヅカ」を是非どうぞ!!
もちろん、「談」で買ってくださいね~ウインク

« 書店まわり(其の弐) | トップページ | エリザ「私だけのツボ♪」 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/30878088

この記事へのトラックバック一覧です: 書店まわり(其の参):

« 書店まわり(其の弐) | トップページ | エリザ「私だけのツボ♪」 »