発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 同窓会は苦手だ | トップページ | ひんぎゃの塩 »

2009年8月18日 (火)

春野寿美礼コンサート「男と女」

行ってきました♪ 初日。
いや~~聴き惚れましたわ~目がハート

タカラヅカ在団中から歌ウマさんなことはもちろん知っていたけど、その歌でもって表現できる範囲がが縦横に拡がって、さらにパワーアップしたという感じダッシュ(走り出す様)
ちなみに、ここでいう「縦」っていうのは音域、「横」っていうのは、あるときは可愛く、あるときは男らしく・・・みたいな表現力のこと。

トークタイムもすごく楽しい。
私がいいなぁと思ったのは、バンドのメンバーやゲストのことを、すごーく大切にしているのが、伝わってきたこと。
あれなら確かに、ゲストの大澄さんじゃないけど「応援したくなっちゃう」と思う揺れるハート

春野さんはこれから、「歌手」として成長していきたいんだそうです。
そして、今日がそのスタートだともおっしゃってました。

初日明けて、課題もたくさん見つかったそうで、それをこれからの日程のなかで、少しずつ克服していきたい、とも。
何たる前向き! こういう姿勢、見習わないと~!!

私も今日は、タカラヅカの男役時代とは全然違う、生まれ変わったような春野さんに出会えた気がして、なんだかとてもうれしかったのでした。

« 同窓会は苦手だ | トップページ | ひんぎゃの塩 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/31011900

この記事へのトラックバック一覧です: 春野寿美礼コンサート「男と女」:

« 同窓会は苦手だ | トップページ | ひんぎゃの塩 »