発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« じゃこチーズピーマン | トップページ | 同窓会は苦手だ »

2009年8月16日 (日)

「大江山花伝」で泣いた人?

帰省時の恒例、博多座に行ってきました。
宙組「大江山花伝」と「アパショナード2」。

お芝居「大江山花伝」はいい作品と聞いていたけど、案の定ラストでボロ泣きの私泣き顔
でも、いっしょに行った友だちや母は、涙は出なかったらしい。


・・・こういうときって、なんか寂しい・・・波


まあ、客席では普段と違って涙腺が相当にユルい私なので、やむを得まいと思うのだが。
とりわけ、私がヨワいのは「愛揺れるハートゆえの自己犠牲」ってやつだ。

今回の「大江山花伝」も、まさにそう!
茨木童子(大空祐飛)、藤子(野々すみ花)、渡辺綱(北翔海莉)、胡蝶(花影アリス)の四つ巴の「愛ゆえの自己犠牲」だもんね~たらーっ(汗)


今日は昼も夜も満員御礼。
素晴らしいお披露目公演になって、本当に良かった。
ゆーひさん、おめでとぉーわーい(嬉しい顔)

« じゃこチーズピーマン | トップページ | 同窓会は苦手だ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/30997032

この記事へのトラックバック一覧です: 「大江山花伝」で泣いた人?:

« じゃこチーズピーマン | トップページ | 同窓会は苦手だ »