発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 赤裸々授業 | トップページ | 映像は舞台に代えられない? »

2009年7月 8日 (水)

ゆるぎない実績

昨晩は、元リクルートの福西七重さんの講演会を聴きに行った。

この方は社内報「かもめ」の編集長をずっとなさっていた方。ちなみに、「かもめ」は社内報のコンクールでいつも優勝していたぐらい、クオリティの高さで有名だ。
今でも私はOGとして購読しているが、相変わらず毎号チカラ入った、濃ゆ~い内容である。


その福西さんがおっしゃってたことで、すごく感心したことがあった。
「かもめ」編集長時代、ひとつだけ自慢できることは、300数十号(正確な数字を忘れてしまった)を、1号も遅らせずに出したことだそうな。

雨の日も、風の日も。
リクルート事件のときも、ダイエーに買収されちゃったときも、ずっと・・・である。

「社内報のクオリティに対する評価の基準は人それぞれ。でも、毎号欠かさず出し続けたという事実には絶対的な価値がある」

福西さんはいつも、こう考えていたそうだ。
なるほどなあ~~!

じつは私が関わってる「企画のたまご屋さん」っていうNPOでも、毎朝メール配信をしているのだが、ヘタレな私は、いつも最初に「ムリならやめちまえー!」と弱音を吐く派。そのたびに心ある周囲の人たちにたしなめられ、その協力のもとに何とか続いてきた。

そんなこんなで5年半。
今のところ、配信を休んだことはない。
気が付けばそれは一つのゆるぎない価値だ。それもこれも、私以外のいろんな人のおかげである。

地道に、コツコツ・・・が、じつは、実績をつくり信用を得るための早道なのかも。
ヘタレ中本も考えさせられたひとことだった。

(そして、この日記もとりあえず1年は続けてみようと改めて思う)

« 赤裸々授業 | トップページ | 映像は舞台に代えられない? »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆるぎない実績:

« 赤裸々授業 | トップページ | 映像は舞台に代えられない? »