発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ゲラまみれ | トップページ | 大丈夫ですから私 »

2009年7月 2日 (木)

主人が

会社員時代同じ部署だったことのある後輩の女性に、たまたま会った。
ほぼ10年ぶりに会った彼女は、ケッコンして苗字が変わり、おめでたで、おまけに、

「主人が揺れるハート

などと話す女性になっていた。
ううう、めっちゃ違和感げっそり
10年前の彼女は、バリバリの営業ウーマンだったはずなのに。


思えば昔は私、「主人」という言い方がキライだった。
ええ? ダンナが「主」ってことは、私は「従」なわけ??とか思っていたのだ。
(同様の理由で、奥さんのことを「女家(=嫁)」と呼ぶ男性もキライだった)


でも、今日の彼女をみてると、ぶっちゃけウラヤマシイなーと感じてしまったよ。
なんか、「奥ゆかしい勝利宣言」って感じがしてあせあせ

よし。今度万が一チャンスが巡ってきたら、つまらぬプライドは捨てて思いっきり言ってあげる。

「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」
「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」
「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」「主人が」
「主人がああああぁぁぁっ」

・・・ってね。

« ゲラまみれ | トップページ | 大丈夫ですから私 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は「夫」と表現し「妻」と表現されてます。
私は時々「亭主」とも表現します。
我が家で「主人」となると、
それは私のことになるのかも?
家の本当の主人は「妻」ではないでしょうか(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 主人が:

« ゲラまみれ | トップページ | 大丈夫ですから私 »