発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 一段落~ | トップページ | ゆるぎない実績 »

2009年7月 7日 (火)

赤裸々授業

法政大学の佐野哲先生の講義「キャリアデザイン入門」に、ゲスト講師として参加してきた。

この講義のテーマは、ズヴァリ!
「カイシャで積むキャリア、脱カイシャで伸ばすキャリア」
である。

半年間、14回におよぶ講義では、前半に「カイシャの仕組みと働き方」「カイシャのなかでの異動と昇進」「給料はいくらもらえるのか?」が語られ、後半戦でいよいよ、「脱カイシャ」での働き方ってどうよ?という話に突入するという展開になっている。

ドライで現実主義な佐野先生らしく、自己啓発書的なキレイ事はいっさいなしだ。
だが、そのほうがかえって学生たちには受けるのだろう。
ううっ、私もこの授業受けたいぞ!

で、私はこの後半戦の1コマで、「脱カイシャ」チームの一員として登板、というわけだ。

講義の最初に、自己紹介として、学生時代からシュウカツ、R社時代、そしてカイシャ辞めてから今に至るまでの話をして、その後は「個人事業主・出版業界・女性」という3つのキーワードをもとに、佐野先生との赤裸々トーク。

ドライで現実主義な佐野先生からの質問は容赦がなく、私もできるだけ率直に応えるようにした。
この講義では、最後に「リアクションペーパー」という感想文を提出しなければいけないのだが、その内容から察するに、学生さんたちにウケた(というか、強い印象を残した)ネタは、

◆シュウカツで新聞社に総落ちした話(東大卒でもそういうことあるんですね・・・って、あるさ!)
とりわけ、某NK新聞で最終面談まで行き、健康診断まで受けたのに落とされた話はウケていた。

◆R社入社後、ぜーんぜん希望じゃない部署に配属されて失意の日々を過ごしたが、そのときの経験が、独立した今はすごく役立っているという話(イヤな仕事でも、がんばっていればいいこともあるんだぁ、と希望を与えたみたい)。

◆「印税長者のウソ」の話(モノ書きってそんなに儲からないのかげっそり・・・と衝撃を与えていた)

◆同じマスコミでも、新聞雑誌は「短距離」、書籍は「マラソン」というたとえ話。


また、受講生のなかには女の子の割合が半分以上だったから、「女性」というキーワードの部分は、バツイチなこと、背水の陣だからがんばれたのかもしれないこと、「子どもを持つ」という選択肢に向き合う悩みに至るまで、とりわけ赤裸々に語ってしまった。

正直、これは勇気がいったが、結果はすごく手ごたえがあって良かった。やっぱり女の子はみんな、
「やりがいのある仕事はしたいけど、いい結婚もしたいし、子どもだって欲しい。できるのかなぁ」
と、不安に思っているのだ。そんな彼女たちのモデルケーススタディの材料としてお役にたてるのなら私は全然構わない。たとえ反面教師であってもね。
今後の機会があれば、また是非やってみたい。

以前、日記にも書いた「歯磨き粉の補充」の話が大受けで、
「ボクも結婚したら、きちんと歯磨き粉を補充したいと思います」
と感想を書いていた男子もいたなあ。
よしよし。がんばって、いいダンナになってくれ~~~ウインク
これも「少子化対策」への小さな貢献かも?

« 一段落~ | トップページ | ゆるぎない実績 »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤裸々授業:

« 一段落~ | トップページ | ゆるぎない実績 »