発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ばっさり! | トップページ | 今さら「愛と青春の宝塚」 »

2009年7月11日 (土)

弾き語りは難しい~

筝の世界では、楽器を習いに来たはずなのに、なぜか歌も練習させられる。
つまり、弾きながら歌う、弾き語りである。
これがなんとも不思議なのだが、邦楽の世界じゃアタリマエのことらしい。

それだけ日本では、音楽というものが歌を中心に発展してきたってことなのだろう。
義太夫節なんかもそうだしね。


・・・てなわけで、アタシも最近は弾き語り練習してます。
筝の弾き語りバイエルみたいな本(宮城道雄小曲集ってやつ)を1冊終えて、今日からは「遠砧」って曲だ。


これが・・・・・・・・・・・・げっそり
ム、ムズカシイ・・・・・・・・・・ふらふら


2時間近く格闘して、楽譜見開き2ページ分もマスターできず。
楽譜を前にして「できないよぉぉあせあせ(飛び散る汗)」と叫ぶこと数回。
やはり、まだまだ未知の世界である。


で、さきほど「やうつべ」を検索してたら、年端もいかない少年が同じ「遠砧」をラクラク歌いこなしている動画を発見してしまい、ますます落ち込んでしまったのだった(しかもこれ、私が習ってるスタジオじゃん)。

やはり子どもには絶対に叶いません、ぐっすんたらーっ(汗)

« ばっさり! | トップページ | 今さら「愛と青春の宝塚」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弾き語りは難しい~:

« ばっさり! | トップページ | 今さら「愛と青春の宝塚」 »