発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 観劇は消費か生産か? | トップページ | 俺のブログ »

2009年7月26日 (日)

グラントウキョウサウスタワー初体験!

昨日は、東京駅八重洲口すぐのところにあるグラントウキョウサウスタワーで行われた某イベントの事務局の手伝いをした。

ここは、私もかつて働いていたリクルート社の本社があるビルである。
「リクルート事件」で有名になった銀座8丁目のビルから、昨年の1月に移転したのだ。
最新式のかこいいビルで、一度入ってみたい~ハート達(複数ハート)とミーハー心で思っていたのだけど、ようやく希望が叶ったというわけ(本末転倒)。

会場は41階だったので、東京中が一望できる。幸いお天気にも恵まれ(?)、素晴らしい眺望を満喫できてラッキーるんるん(ますます本末転倒)

内装もいちいちカッコ良くて、ほぉ~っ目がハートとため息。
41階の窓際には、眺望を楽しみながらリラックスできるような椅子が配置されていたりする。
こーいうところでミーティングしたり、語らったりしたら、やっぱ「くりえーちぶな仕事」ができたりするものなのかしらねえ。

・・・だが、高層ビルだけに、オフィスの自分の机に行き着くまでが大変である。
リクルート社の受付は23階にあり、そこから上の階に各事業部のオフィスがあるようなのだが、直通のエレベーターがない! 23階でいったん別のエレベーターに乗り換えなければならないのだ。
通勤で乗換えがあるだけでもうっとおしいのにさ~ふらふら

おまけに、2階~23階をつなぐエレベーターというのが、いまどきの高層ビルにありがちな全面ガラス張りで外が見えるタイプ。
確かに見晴らしは気持ちイイのだが、このタイプのエレベーター、乗った経験がある方はおわかりと思うが、下りが気持ちワルイ! ジェットコースターで急降下するときのような感じなのだ。

私は「うう、イヤだぁ~」と思いつつも、ついつい、その気持ちワルさを味わいに行ってしまうタイプなのだが、マジで生理的にダメな人もいるんじゃないか。高所恐怖症の人はもっと大変だと思う。
そーいう人はエレベーターのせいだけで出社拒否症になるんじゃないかと心配になってしまう。

そんな感じだから、イベントの際には参加者を41階会場までちゃんとナビゲートするための人員がたくさん必要だ。

午後、2階のエレベータ前の誘導係を仰せつかった私、
「あー退屈! 暑いったらありゃしないあせあせ(飛び散る汗)」(←シシィ風)
てな顔して座っていたら、どこかで見たようなアヤしい人が・・・。

何と、在社中にお世話になった元上司のYさん、そして、Yさんの部下として今もリクルートでがんばっていらっしゃるSさんだった。
ひえええ~~、暑いなか、相変わらずの休日出勤ごくろうさんデスあせあせ

« 観劇は消費か生産か? | トップページ | 俺のブログ »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グラントウキョウサウスタワー初体験!:

« 観劇は消費か生産か? | トップページ | 俺のブログ »