発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 変わるもの、変わらぬもの | トップページ | アツ苦しいけど、いい話 »

2009年7月16日 (木)

念願のトマト餃子

我が行きつけの定食屋に、この夏登場した裏メニュー「トマト餃子」が激ウマらしい!・・・という情報を入手した。

さっそく行ってみたところ、「今日のおすすめ」のボードに「トマト餃子」が~。どうやら、人気のあまり表メニューに昇格したらしい。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

さっそく注文。
そそくさと1つめをほおばる・・・うむ、確かにうまい!!

2つめは半分かじって、断面を観察してみる。
どうやら、トマトを薄切り豚肉でくるんだものを、さらに餃子の皮で包んであるらしい。

トマトの爽やかな酸味と豚肉が絶妙にマッチしているのがウマさの秘訣のようである。
・・・だが、このコッテリ感は豚肉だけじゃないよな・・・にんにく風味も効いているような? うーん??

さらに3つめ、4つめと半分かじっては断面観察を続ける私。
そしたら、カウンターから声が!

「どうしたの? 大丈夫?
お口に合わなかったら、遠慮なくいってくださいね~」

しかめっ面で、一口食べては首をひねってるから、店のママさん、心配になっちゃったらしい。はは・・・そりゃーそうだよねあせあせ
我ながら、表情の豊かさにちょっと感心した。

「いやいや! トマト餃子の噂を聞いて、ずっと食べたかったんですよ~。どうやって作ってあるのか知りたくて、じっくり観察してたんです」

事情を説明したら、コッソリ作り方教えてくれました。
「簡単だから、ぜひ作ってみて」とのことなので、レシピご紹介しちゃいます。
私も今度やってみよウインク



ビールトマト餃子のレシピビール

材料:トマト(小ぶりで固めのフルーツトマト系のものがいいらしい)、豚バラスライス(しゃぶしゃぶ用ぐらいがいいかも)、餃子の皮(大判のもの)、にんにく、しょうが

つくり方
1)トマトは一口大に切る(小ぶりのものなら、くし型で8等分)
2)にんにくとしょうがはみじん切りに
3)トマト、にんにくとしょうがを豚肉でくるみ、さらに餃子の皮で包む。
4)普通の餃子とおんなじように焼く。
5)酢醤油に、お好みでラー油を加えたたれをつけて、召し上がれわーい(嬉しい顔)

« 変わるもの、変わらぬもの | トップページ | アツ苦しいけど、いい話 »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 念願のトマト餃子:

« 変わるもの、変わらぬもの | トップページ | アツ苦しいけど、いい話 »