発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 小さな目標 | トップページ | 音と味のハーモニー »

2009年6月27日 (土)

反省メモ

先日のインタビュー原稿、ICレコーダーの録音を再生しながら書いていったのだが、これがもう恥ずかしくて恥ずかしくてたまらない。

インタビュー終わった直後は「私もけっこうイケるかも」などと頭に乗っていたのだが、聞き返してみたら反省点続出たらーっ(汗)

キャリアカウンセラーのトレーニングのなかに、キャリア相談のロールプレイイングを録音し、それをテープ起こしして逐語録を作り、「ここでクライアント役の心が離れてる」とか、いちいちチェックするという、とてもつらいトレーニングがあるが、そのときのことを思い出してしまったよ。

とはいえ、単に落ち込んでるだけではあかんので、以下、反省点のメモ。

◆まず、しゃべり方がへらへらしすぎ。途中で照れ笑いしてしまう癖はよくないと思った。

◆質問がまともな文章になっておらず、わかりにくいことがしばしば。シンプルに、スパッと聞かないと。

◆質問内容に自己主張が出すぎかも? まあこれは程度問題で、月並みな質問は絶対したくないと思っていたりもするのだけど。

◆一つの話題から別の話題への移り方が、ぎこちなさすぎ。次にどう繋げていくかを、頭の片すみで常に考えていないと。スカステのトーク番組で樹里咲穂さんが「いつも、めっちゃ頭回転させてる」といっていた気持ちがよくわかった。

◆勉強不足が露呈しまくり。知ったかぶりをしたがために話が詳しく展開し過ぎて困ったり、逆にもっと突っ込むところで突っ込めなかったり。やっぱ日ごろの幅広い勉強って大事だ。

昨今のビジネス書では「効率的な勉強法」が大流行り。その主張はおおかた「まずアプトプットを考え、そこから遡って必要な知識・情報だけをインプットせよ」というものだ。

だけど、こと何かを表現する仕事に携わる人は、そういうケチな勉強法じゃイカンよね、と、改めて痛感させられた。

« 小さな目標 | トップページ | 音と味のハーモニー »

ひとり仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 反省メモ:

« 小さな目標 | トップページ | 音と味のハーモニー »