発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた | トップページ | だめんず源太 »

2009年5月24日 (日)

時間がないワケ

今の私、1日のうちの可処分時間は世間でも最も多い気楽な身分のはずだ。

・・・それなのに、毎日なぜか慌しい。
こりゃいったいどーいうことだ?とふと思い、1日の時間の使い方をざっくり振り返ってみることに。

まず、生きていくのに必要不可欠な時間。

睡眠→7.5時間
朝食→1時間
昼食→1時間
夕食→2時間
入浴→1時間
(食事は、作り始めてから食べて、飲んで、後片付けまでの時間トータル)

合計12.5時間

・・・ここですでに、1日24時間の半分以上を費やしていることに愕然。ていうか食事と睡眠と風呂に時間使いすぎだろあせあせ(飛び散る汗)

さらに、家事とかメールチェックとかブログ書いたりとか、毎日必ずやらなきゃいけないこと、やろうと決めてることに必要な時間が、まあざっと3時間とする。

そうすると、残り時間は、

24ー(12.5+3)=8.5時間

ここで、かりに私が会社員だったと考えてみよう。
すると通勤だけで往復2時間はかかるだろうから、実働は6.5時間・・・イマドキそんな怠け者を雇ってくれる会社なんてない。
・・・というわけで、じゅうぶんな睡眠と食事を取りすぎている私は会社員失格であることが、あっさり判明げっそりNG

じゃあフリーならみっちり8時間半働けるからいいんでない? と思われそうだが、ノンノン!

ここに、出かける予定が加わると、さらに時間はなくなるのだ。
たとえば、観劇。
舞台+行き帰りだけで5時間ぐらいは食っちゃうから、残り3時間半!
これで、お友だちとお茶でもしてこようものなら、もっと時間はなくなる。

あ~~~~~、どうりで時間がないわけだ。納得・・・
ゆっくり寝て、食べて、風呂に入る毎日を過ごそうと思ったら、人生って忙しいものなのね冷や汗

このうえ、さらに子どもの面倒みて、会社でバリバリ働いて、趣味を極めたりしてる人って、ホントすごいと思う。尊敬します(´д`)

« 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた | トップページ | だめんず源太 »

ひとり仕事」カテゴリの記事

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時間がないワケ:

« 雨の夏、三十人のジュリエットが還ってきた | トップページ | だめんず源太 »