発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 「三十人のジュリエット」公演中止って! | トップページ | オグリ!はすごい! »

2009年5月30日 (土)

新型インフル対応さまざま

6月7日に行われる某イベント、私も参加予定なのだが、主催者からこんなメールが届いた。

新型インフルエンザの感染拡大防止のため、知の創造的摩擦プロジェクト交流会に参加される方は以下の1)~4)の事項を順守し、5)の事項にご協力くださるようお願いいたします。

1)37.5℃以上の発熱者は参加しないでください。
2)体調不良者は参加しないでください。
3)新型インフルエンザ流行地から戻って7日以内の方は参加しないでください。
4)新型インフルエンザ患者、濃厚接触者との接触7日以内の方は参加しないでください。
5)各自マスクを用意し、着用の上参加いただくようご協力お願いします。

1、2と4はわかるよ~。
だけど、3はちょっとやりすぎじゃない?? これって、1週間以内に関西方面に行った人は参加するなってことだよね。私は、このイベントの2日後に大劇場エリザ遠征の予定だけど、もし予定が逆だったら参加できなかったってことだがまん顔

感染の状況やかかった人の病状から考えても、バランス感覚を失した判断としか思えない。「ちゃんと対策してますよ」というアピール目的に偏りすぎじゃないか。

それと、5の「マスク着用して参加しろ」って・・・?
このイベント、学生とOBOGが互いに語り合おうっていうイベントなのだ。マスクしたままは、ちょっと無理があるんじゃない??

マスクを使って本気で感染予防しようと思ったら、外出中は一瞬たりともはずしてはならず、帰宅時にはできるだけ表面に触れないようにして、ビニールなどに包んで廃棄しないといけないのだ。実際にそこまでやってる人は、ほとんといないと思う。


かと思えば、「流行地」のまっただなかにある宝塚大劇場の対応は、なんとも潔い。

◆劇場スタッフも、もうマスクはしないよ宣言!
http://kageki.hankyu.co.jp/news/detail/befddae439fd044db08cd1a43f5513c0.html


かくいう私、別になーんも考えてないわけじゃなくて、帰宅時の手洗い、うがいはちゃんとしているし、肌寒い日の薄着や不規則な生活は避けるようにも気をつけている。
なにしろ、これまでの人生で3回もインフルエンザ(季節性)にかかってしまった私なのだ。人一倍気をつけなくてはという自覚はある。

かといってエリザ遠征を躊躇する気はない。そこまで楽しみを犠牲にする必要はないと思うからだ。


ところが、周囲の人の話を聞いていると、ほんとに考え方がさまざまだ。
私が驚かされるのは、「関西方面から来たというだけで嫌がられるから、言うのを迷ってしまう」という人や、「マスクをしているだけで、『この人もしかして患者?』と思われそうなのがイヤ」という人もいることだ。

会社によっては、関西方面への出張を自粛しているところもあるようだけど、それしきで自粛できる出張なら、常日頃からやめておけば、経費節減できるんじゃーないのーウッシッシ

この手の人が気にしているのは、感染そのものじゃなくて、むしろ「人の目」じゃないか。
そういう「人の目」が存在することのほうが、怖いなと思ってしまうよ。

« 「三十人のジュリエット」公演中止って! | トップページ | オグリ!はすごい! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新型インフル対応さまざま:

« 「三十人のジュリエット」公演中止って! | トップページ | オグリ!はすごい! »