発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 島らっきょう | トップページ | もう半年 »

2009年4月 1日 (水)

「負け」を受け入れるのも大事?

昨日、ある人が、

「勝ちにこだわるようになったときから、その人の成長は止まってしまう」

というようなことをいっていて、へえ~なるほど!と思った。

「負けを受け入れられない奴は閉じてしまう」

とも。

どういうことかというと、「勝ち」にしか興味が沸かないということは、そのこと自体を楽しみ、その道を極めようという興味がうすれてしまっているということ。
したがって、「勝ち」ばかりにこだわるということは、今以上の成長を放棄してしまっていることに他ならない、というのだ。

そういう人は、もはや「勝つ」ことからしか喜びを得られないから、勝てなくなったとたんに面白くない。
勝者から学ぼうという意欲もないから、負けをステップにして、さらに進歩することもできない。
結果として、「勝てない」→つまらない→やめる・・・ということになってしまう。

分野によっては、勝ち負けがはっきりしないものもあるだろうが、その場合は「勝つ」を「評価される」とか「誉められる」とか「売れる」とかに置き換えてもいい。

よく、スランプを脱したアスリートが、
「この一年で、○○(=自分の専門)の楽しさに改めて気付かされました」
といったコメントを異口同音にしているのが不思議だったけど、そう考えたら得心がいく。

どんなに才能に恵まれた人だって、浅田真央ちゃんだって、一生ずーっと連戦戦勝を続けられるわけではないからね。
どこかで「自分も負けるのだ」という事実と向き合って、自分なりに折り合いをつけていくことが必要なんだろう。


これはまさに、今の私にとっても耳が痛い話。
たとえば、2年前から始めた筝なんか、これはもう「負けてる状態」から始めたようなものだ。
最初はただただ新鮮で楽しかったけど、最近は「40代でこの初心者状態は恥ずかしいんじゃないか」とか「先生にも、『やっぱりこの子、不器用ねえ』と見切られてるんじゃないか」とか、ここのところ、そんなことばっかり気になっていたような気がする。
こりゃ~~スランプに陥るのも道理やねがく~(落胆した顔)


「負け」をどう受け入れるかは、個々人に与えられた才能や環境や気質によって千差万別のはず。
たとえば私ひとりを考えても、文章を書くことと、筝とクルマの運転じゃ全然違うと思う。

「負け」がみえたときにどう受け止め、どう行動するか・・・そこで人生のクリエイティビティが試されるっていう気がするね。

« 島らっきょう | トップページ | もう半年 »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「負け」を受け入れるのも大事?:

« 島らっきょう | トップページ | もう半年 »