発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 遅ればせの春 | トップページ | ある出版セミナー »

2009年4月19日 (日)

リア充すぎる休日

「リア充」とは、ネット上のスラングで、「リアルが充実」の略。
「実生活が充実してる人」のことをいう。

具体的には、「友だちが多い」「休日に出かける場所がある」「彼氏彼女がいる」「グループやサークルに所属している」といった条件に当てはまる人のことらしい。

ちなみに、「リア充」というコトバの意味を知っている人の割合は、「非リア充」のほうが高い、という調査結果もあるようだ(^^;)


さて、この土日は八ヶ岳に山荘を持っている友人のところに遊びに行った。
天気にも恵まれ、「リア充な休日」を堪能したのでした手(チョキ)

リア充な休日に、うまいメシは欠かせない。
初日の昼は「にしむら」でこだわりの蕎麦、夜は「すみれ亭」のお肉。
2日目の昼は、ほとんど恒例となっている「アフガン」のベーコンエッグカレー(写真)。夜は「マジョラム」のイタめし。

どの店も、さすが地元に精通した知人のオススメだけあっておいしい。
とくに「すみれ亭」の信州牛は絶品だった。

そして、リア充な夜の過ごし方は・・・もちろん、みんなでトランプハートスペードダイヤクラブ、で決まりだ。

山小屋の朝は、近所のこだわりパン屋さん「ぱん・パ・パン」で買ってきたパンにハムエッグ(無添加の信州ハムに地元の野菜)、丸山珈琲の豆で入れたコーヒーという、スーパーリア充朝ごはん。

ハムエッグの玉子が絶妙の半熟に出来上がって上機嫌な私。
やはり、リア充な目玉焼きの黄身は、中身は半熟トロトロ状態、表面だけ火が通って白く固まっている状態でなくてはならない。


うん、たまには、こーいう休日もいいもんだ。新鮮で。
・・・・・とかいってる私は果たして「リア充」?

« 遅ればせの春 | トップページ | ある出版セミナー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リア充すぎる休日:

« 遅ればせの春 | トップページ | ある出版セミナー »