発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« オトナの女の食後酒 | トップページ | せんてい »

2009年4月11日 (土)

さよならヤスミーン

6年ほど前から、フォスタープランのペアレントをやっている。
私のチャイルドは、パキスタンの女の子でヤスミーンという名前だ。

今日、フォスタープランから一通の手紙ラブレターが届いた。
表面に「重要なお知らせ」と書いてある。

な、な、何だ何だ冷や汗・・・・?
ドキドキしながら封を切ると、「チャイルド登録終了のお知らせ」という文字が目に飛び込んできた。

い、いったいどうしちゃったんだ??
もしかして、身の上に何かあったのかしら?

さらにドキドキしながら詳しく読むと、
「登録終了の理由:活動地域外への引越し」
とあった。

「よりよい仕事やより肥沃な土地を求めての移住、また働きに来ていた土地から念願の帰郷などさまざまな理由」
によって、居住していたコミュニティを離れることが、途上国ではままあるらしい。

そうか~~~たらーっ(汗)
ヤスミーン一家は、旅に出てしまったわけね。
とはいえ、病気とか、そういうことじゃなくて、ひとまずホッとする。

これまで現地のスタッフからときどき送られてきた報告によると、ヤスミーンの両親は女の子が学ぶことに関してあまり理解がない人で、彼女もずっと、学校に行くより家の手伝い、という生活だったみたい。

そして一家で移動となれば、当然、彼女も付いていかざるを得なかったんだろう。

交流といっても、たまに手紙を出したり、写真を送ったりしていたぐらい。
波照間島の海の写真や、紅葉のもとで着物を着た写真を送ったこともあった。
すると、現地スタッフから「彼女はとても喜んでいます」という報告が届く。たぶん文字は書けない子だから、直接のメッセージが届くことはなかった。

それでも、おととしだったかパキスタンの政情が不安定になったときは、心配になったりした(実際そのときは、パキスタンのフォスタープランのスタッフで命を落とした人もいたのだ)。
ヤスミーンのおかげで、私の中でちょっとだけ身近になった国、パキスタン。

寂しい・・・というより、何ともあっけない感じだな~。
せめて、はるか遠くの国から、彼女の健康と幸せを祈ることにしようクローバー

« オトナの女の食後酒 | トップページ | せんてい »

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならヤスミーン:

« オトナの女の食後酒 | トップページ | せんてい »