発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« ひとりタケノコ術 | トップページ | 「外伝ベルばら」再演ってどうよ »

2009年4月28日 (火)

合奏エクスタシー

今日は筝のレッスンでした。

沢井忠夫先生の「螺鈿(らでん)」っていう曲をやっている。
筝2面と、十七絃との、かっちょいー三重奏だ。

ムードここで45秒間試聴できます↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005QWEK


今日は総仕上げで、なんと合奏をさせてくれるって。
レッスン場に行くと、筝2面と十七絃がどーん!
おおー、ゴージャス!!

私は二筝の担当だったのだが、なんとメロディラインの一筝を、今日はセンセーが弾いてくださって、もう感動っわーい(嬉しい顔)

合奏って、ひとりで弾くのとは全然違う楽しさがあるよな~。
(そりゃもちろん緊張もするけど、それも快感のうち)

お互いに息を合わせていく喜び、これはズヴァリ、「エクスタシー」といっていいと思います、ハイ揺れるハート

« ひとりタケノコ術 | トップページ | 「外伝ベルばら」再演ってどうよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 合奏エクスタシー:

« ひとりタケノコ術 | トップページ | 「外伝ベルばら」再演ってどうよ »