発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« スカステ無間地獄への道 | トップページ | 「エリザベート」ブログパーツ »

2009年4月15日 (水)

スカパーとCATVはどう違う?

スカパーとCATV(ケーブルテレビ)、そしてCSっていったい何が違うのげっそり???

昨日まではさっぱりわからなかった私なのだが、遅ればせながらようやく、おぼろげながら理解してきた。

・・・って、ちゃんと理解してからJCOMに加入しろよってカンジだが、人間なかなか当事者にならないと本気になれないものですね。

しかも私の場合やっぱり「タカラヅカ・スカイ・ステージ」を通してしか理解できないという・・・人間やっぱり自分が本気で興味あるものを通してしかものごとは理解できないものです。

というわけで以下は、昨日までの私と同じ状況の人だけ読んでください(笑)
長いです(笑)


まず、「タカラヅカ・スカイ・ステージ(以下スカステ)」という番組、これが「110度CSデジタル放送」(いわゆるCS放送、CS=communications satellite)による番組ってことらしい。

そして、このCSのひとつであるスカステをTVで視聴するための方法が2つあるってことだ。それが、

◆自力でアンテナを設置し、チューナー(内蔵型テレビ)を購入し、スカパーに加入してみる。

◆地域のケーブルテレビに加入し、そこを通じてみる。

の2つなのだ。

スカパーというのは、要するに「CS各種チャンネルを取りまとめ、加入申し込みの受け付けや、お客様からの視聴料金の受け取り」などを行っているということらしい。
逆にいうと、アンテナ設置したり、チューナー買ったり、視聴できる環境は自力で作らなくちゃいけないってことだ。天候によってみられなかったり、雪国だとツラかったりもある。

対するケーブルテレビは、その地域に物理的にケーブルを張り巡らすわけで、そのケーブルを通じてテレビだけじゃなくて、インターネットや電話などのサービスも提供される。
スカステを含むCS番組もケーブルテレビさんがどこぞでまとめて受信してくれるのを、ケーブルを通じてみるってことだろう。だから、アンテナはいらない。チューナーはJCOMが貸してくれた(内蔵のものは売ってないらしい)。

要するに一言でいうと、スカパー方式は直接的、ケーブルテレビ方式は間接的ってイメージだ(かなり文系的理解ですみません)。


で、どっちがお得なの?という話だが、それは以下の各条件によると思う。

1)住んでるマンションにアンテナ(正確には110度CSデジタル対応アンテナ)が設置されてたりするか。

2)自宅のテレビが新しいかどうか(つまり、「110度CSデジタルチューナー」が内蔵されてるかどうか)。

3)地域に良さげなケーブルテレビ局があるかどうか。

4)スカステ以外のCSを視聴したいかどうか。

5)インターネット回線、電話回線などを乗り換える希望があるか(ケーブルテレビだと、セット割引がある)。


といったことによると思う。


1)マンションにアンテナあります!
2)最新型テレビもってます!
4)スカステ以外興味ありません!
5)ネットも電話も快適です!

という人なら、文句なくスカパー方式がお得だ。このタイプの人が一番安くつくと思う。

だが、私の場合、

1)マンションにアンテナはある・・・らしいけど。
2)テレビは10年以上前に買ったオンボロ、買い換える予定は当面なし。
3)たまたま、うちの地域にJCOMがものすごい勢いで攻めてきた(各地のケーブルテレビ局をつぎつぎと買収してるようだ)。
4)スカステ以外に世間でどのようなチャンネルがあるのか、なんとなく知りたい。
5)ネット回線が滅茶苦茶遅くて困っていた。

といった状況があったので、とりあえずJCOMに加入してみた、というわけだ。
(・・・と、長々と自分の判断を正当化する私あせあせ

でも、結局スカステしかみないことがわかって、テレビを買い換えるときには、スカパー方式に乗り換えたほうがいいってことだな・・・。


今回のことで痛切に感じたのは、「この環境で一生安泰」ってことは、もうこれからの時代はないってこと。
今はこの選択がベストと思っても、おそらく数年、いや1~2年単位で見直す必要があるのだろう。映像の世界、ネット回線、電話・・・いろいろなことがめまぐるしく変化しているから。

大事なのは変化を恐れないこと、むしろ楽しむこと、なんだろうね。
それって、「若さ」ってことなのかも???

« スカステ無間地獄への道 | トップページ | 「エリザベート」ブログパーツ »

世間」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

スカステ視聴開始、おめでとうございます!

そのうち、スカパーだろうがケーブルであろうが、
「地上波しか見てないやん!!」
ってことになるかもしれませんょ(^^)

≫Mさん

むしろ、ここ数日はスカステしかみてないです・・・。
それはそれでヤバイです・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/29132101

この記事へのトラックバック一覧です: スカパーとCATVはどう違う?:

« スカステ無間地獄への道 | トップページ | 「エリザベート」ブログパーツ »