発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 同人誌は3号以上続かない | トップページ | ありがとう、またね! »

2009年4月25日 (土)

赤い城 黒い砂(辛口でごめん)

3月にバウで上演された「二人の貴公子」と同じシェークスピア作品を原作にとっている作品と聞いて、観に行ってみました。


・・・・・ですが、これ宝塚版とはまったく違ったお話だった。
いわば、シェークスピア&フレッチャーの原作の設定のみを借りた、劇作家蓬莱竜太氏のオリジナルといっていい。

宝塚版との対応関係をいちおう整理しておくと、

ジンク(愛之助)=アーサイト(明日海りお)
カタリ(獅童)=パラモン(龍真咲)
ナジャ(黒木メイサ)=エミーリア(羽桜しずく)

なんだけど、役のキャラも全然違うし、ストーリーは後半以降はまったく違うから、この対応もあんまり意味ないな。

そもそも、扱ってるテーマが違う。ひとことでいうと、「争うことを決してやめられない人間の愚かさ」がテーマなんだけど、ぶっちゃけシェークスピアのこの原作をわざわざ使う意味があったわけ?と疑問に思った。

私は舞台そのものに常に敬意を持っているし、世間で駄作といわれる作品であっても、それなりに楽しみを見つけられるタイプなのだが、この作品は正直キツかったです。

何故か?
それはおそらく、登場人物の誰も好きになれなかったから。
どんな悪党であっても、価値観の違う人であっても、それでも「この人もがんばって生きたんだな」「やっぱり人間っていいな」と感じられるのが舞台の魅力の根本だと思うんだけど、それがまったく感じられなかった。
やみくもにダークサイドだけを突きつければ良いってもんじゃないと思う。

(それと、ラストの唐突な腐女子好みなオチはいったいなんなんだぁぁぁぁ!!!!)


ヒロインのナジャ姫(黒木メイサ)も、ちょっとなあ。
この姫は戦場でも男勝りに戦っちゃうツンデレ姫で、ジンクとカタリに対する「デレ」の表現の仕方がじつに難しい役どころなんだけど、黒木さんの芝居は、ずーっと同じハイテンションでツンツンツン・・・。最初から最後まで、ただ怒ってる女の人みたいだった。
「デレ」の部分が上手ければ、愛之助くんと獅童くんも、もっともっともっと魅力的にみえたと思うんだけど、残念。

それこそ、この役は宝塚の男役出身の人のハマリ役なのでは。
殺陣もばっちりできるし。

個人的には朝海ひかる希望します~。
コムちゃんのナジャ姫だったら、脚本への不満すべて帳消しで萌えるよハート達(複数ハート)

« 同人誌は3号以上続かない | トップページ | ありがとう、またね! »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
コムちゃんの名前を出して頂けて、うひょひょーいと、
喜んでしまった私であります。
しかも、ナジャ姫ってか‥
私も見てみたいなぁ。
コムちは、5月にシラノ、12月に暗くなるまで待ってに、出演致します。
ので、是非観にいらして下さいませ。

(^_^)3 フムフム。
観劇の9割がタカラヅカな私としては
「見なくてよかった」という舞台だったようで・・・
タカラヅカでは闇の世界でうごめく奴らでさえ、
どことなく可愛いですもんね(笑)

只今大劇場で上演中の宙組でも
主演男役さんが頑張って怒鳴ってますが、とても可愛いですし、悪役も愛すべき奴だったりしてます。

もうすぐ東京で雪組開幕です。
役替りの様子をば、宜しくお願いいたします(^^;ゞ

≫xxangelsxxさん

コムちゃんは宝塚一のツンデレジェンヌであったなあと、改めて懐かしく思い出します。

とくにスカーレットのツンデレに(*'ω'*)ポッ


≫Mさん

雪組はGW中に観劇予定です。
新型インフルなんぞに負けず、シッカリ観劇してきます!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/29285201

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い城 黒い砂(辛口でごめん):

« 同人誌は3号以上続かない | トップページ | ありがとう、またね! »