発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 武田勝頼 | トップページ | スカパーとCATVはどう違う? »

2009年4月14日 (火)

スカステ無間地獄への道

先月末、うちのマンションにケーブルテレビのJCOMさんも入ることになったということで、工事の人が来た。

マンションの住人のなかに、ケーブルテレビにものすごく熱心で詳しそうな人がいるから、たぶんその人主導で決まったことなのだろう。
(というくらい、私には無縁のことだと思っていた)

工事というのも、デジタル化対応のための全住戸に必須とのことで、もちろん無料だったけど、そこですかさずJCOM回線とケーブルテレビ加入の営業をされてしまった。

普段の私ならこの手の営業には鉄壁の防御力を発揮するところである。
だが、昨今の我が家の映像関連リテラシーのあまりの低さに危機感を抱いていたところだけに、このときは気が緩み、心開いてしまった。
やっぱり営業ってタイミングだな。

おまけに、営業担当のお兄さんがじつに感じの良い人で、思わず饒舌になってしまった私。
話がついに「タカラヅカ・スカイステージ」にまで及んだとき、

「じつはボクも、昔はディズニーランドのダンサーやってたことあるんですよぴかぴか(新しい)

との極めつけのひとことが~。
今から考えると、じつに口のウマい・・・いや営業力のある人だったと思うのだが、とにかく私はこのひとことでダメ押しの強烈なシンパシーを感じてしまい、ふと加入申込書にサインしてしまったのだった。

まあ後悔はしてないのだけど、世間の悪徳商法が「訪問販売」という手法を好む理由も、じつによくわかった気がした・・・。


そして今日はいよいよ、テレビとネットの配線工事の人が来た。
うって変わって、無愛想なお兄さんである。

みるからに、
「必要な仕事は責任もってやりますが、それ以上のことは絶対にやりませんから!ちっ(怒った顔)
というオーラを全身から発している。
よけいな質問をしたら怒られそうで、じつに感じワルイ。だが、たぶん私も傍から見たらこんな感じを漂わせているのだろう。

まあ、我が家のテレビ周りがあまりにホコリだらけだったから、よけいに不機嫌さが増したというのもあるかもしれない。

こうして、今日から我が家の映像環境は格段にグレードアップし、晴れて「タカラヅカ・スカイステージ」も観られるようになった。

もう番組表をみるだけで目が回りそうなのだが・・・げっそり

« 武田勝頼 | トップページ | スカパーとCATVはどう違う? »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/29122028

この記事へのトラックバック一覧です: スカステ無間地獄への道:

« 武田勝頼 | トップページ | スカパーとCATVはどう違う? »