発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 夢とゲームのミョーな関係 | トップページ | 冥さまの冥言 »

2009年3月 5日 (木)

御剣退団(ToT)

「逆転裁判」の御剣検事役(=マイルズ・エッジワース)でゲームファンを熱狂させた七帆ひかるさんが次の公演で退団してしまうとのこと。


ショックだわ・・・・・げっそり


せっかく「逆転裁判2」でも再び会えると楽しみにしていたのに・・・・・泣き顔


タカラヅカの男役スター候補生というのは、新人公演を卒業した後ぐらいに何となく足踏み状態になってしまう人が多い。

「新公主演」という大目標がなくなり、かといってトップスターへの道はまだ遠く、中堅の難しい時期なんだと思う。
七帆さんもそんな時期なのかなあと思っていたのが、今回の「逆転裁判」の大当たりで一皮向けた感じがしていた。
これからが楽しみだと注目していたのにたらーっ(汗)

だが、今にして思えば、退団の決意を固めていたからこそできた、ふっきれた芝居だったのかもしれないなあ。


いずれにせよ、劇団は若手人材の育成がますます急務だな。
テレビなど舞台外への露出度も増え、観客の目はますます肥え、トップスターへの要求水準も以前に比べて、はるかに上がっている。
そんな中で、舞台に立つ側も思うところはきっといろいろだよね。
大変な時代だと改めて思う。

« 夢とゲームのミョーな関係 | トップページ | 冥さまの冥言 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/28484377

この記事へのトラックバック一覧です: 御剣退団(ToT):

» 七帆ひかる 退団理由 [インスタントなニュース]
帆を張る準備をするためにミツルギを観た時、七帆ひかるはトップスターになってくれるかも。 って本気で思いました。 言えば愚痴になるだけど 言わせてください! (自分のブログだ。好きにすればいいさ) 初心者ファンが言うのは、おこがましいけど(ピッピ) ...(続きを読む) 七帆ひかるさんへの想い。そして、私は七帆ひかるさんのファンである事を誇りに思ってます。 応援の仕方は人さまざまですが、七帆ひかるさんを大好きでいてくれる皆様。 最後まで宝塚歌劇団・宙組の七帆ひかるさんを一緒に応援していきましょう。... [続きを読む]

« 夢とゲームのミョーな関係 | トップページ | 冥さまの冥言 »