発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 早くも再演!逆転裁判2 | トップページ | 夢とゲームのミョーな関係 »

2009年3月 3日 (火)

ひとりフライパン

090303pan 南部鉄器のちびフライパンを買ってみた。
直径15センチぐらいのミニサイズだ。

これです↓↓
http://www.joutou.com/


今日初めて使ってみたんだけど、なかなか便利だわーい(嬉しい顔)

1まず、そのまま食卓に持っていけるから楽ちん!

2さらに、「ただ肉を焼いただけ」みたいなシンプル料理でも、なんとなく豪華にみえる!!

3それに、何といっても冬場にありがたいのが、アツアツが食べられること!!!
(私はトロいので、皿に盛り付けている間に料理が冷めてしまうのです)

こりゃいいわぁ。しばらくハマりそう。
明日の朝は、これでハムエッグなんぞ作ってみよう。
しがないハムエッグでもゴーカに見えそうで楽しみ揺れるハート


・・・・・・こうしてまた、「ひとり暮らし達人への道」を一歩前進してしまう私なのであった。
いいのかこれでげっそり

« 早くも再演!逆転裁判2 | トップページ | 夢とゲームのミョーな関係 »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひとりフライパン:

» 鉄瓶の選び方4 [鉄瓶を楽しむ]
鉄瓶も6万円を越えるようになってくると、一般的な物価を基準にして見た場合は、高級品といわれるものの部類に入ってしまいますが、以前の記事で何度も言及している本来の意味での鉄瓶は、この価格帯のものを指すことになります。この価格帯まで来ると完全に手造りで、ひとつの型からひとつの鉄瓶しか作りません。鉄瓶の蓋のつまみなど細かい造形を必要とする部分も、型から取り出す時に型が壊れて次の鉄瓶が作れなくなってしまう心配をしないで済みますか�... [続きを読む]

« 早くも再演!逆転裁判2 | トップページ | 夢とゲームのミョーな関係 »