発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 59面奏 | トップページ | 冬季ニートなので »

2009年3月 8日 (日)

太王四神記のスケール

日曜日の夜は「天地人」「太王四神記」と、日韓の歴史ドラマを立て続けにみるのだが、そのたびに「韓国ってやっぱり大陸の国なんだなー」ということを思う。

だって出てくる国が契丹とか、後燕とか。
なんだか昔、世界史の教科書でみたことがあるよーな国名ばかり。
契丹人なんて、いかにも異国の人って感じのファッションで登場するし。

あとは、軍隊が馬ウマに乗って駆け抜けるのが、いつも広々とした平原だしね。
戦国時代の武将が駆け抜けるのがいつも狭い山道、広くてせいぜい関が原ってのとは大違い。


島国ニッポンでは、ああいうスケールのドラマは絶対できないんだろうなあ・・・。

« 59面奏 | トップページ | 冬季ニートなので »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/28530035

この記事へのトラックバック一覧です: 太王四神記のスケール:

« 59面奏 | トップページ | 冬季ニートなので »