発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« パンダのランチタイム♪ | トップページ | ヅカまみれな日々・・・ »

2009年3月17日 (火)

二人の貴公子!!

正直、目の保養ぐらいにしか期待してなかったのだけど、これはいい作品!!

さすがシェークスピア、「イギリスの近松」ですなあ。
(ホントは、近松の異名が「日本のシェークスピア」です・・・)
とくに二幕は圧巻。アーサイト(明日海りお)の悲劇に号泣、パラモンの悲劇にまた号泣・・・そして、美しきエミーリア姫(羽桜しずく)に「やっぱり女は強い!」

たぶんね、近い将来、主演のふたりが大きくなったころ、この作品観たことが自慢できる、そんな一作になると思うなあ(*^_^*)

蘭はなちゃん、光月るう、紫門ゆりやの各若手もそれぞれ見せ場が多いのもバウらしくてうれしい。

もし関西に住んでたら、楽近くにもう一度ぐらい観てみたいなあ〜。

あ、さすがに行きませんからね(>_<)

« パンダのランチタイム♪ | トップページ | ヅカまみれな日々・・・ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

かっぱ様もご覧になられたんですか?
もしかして同じ時間を共有してたo(^▽^)o

私は「やっぱり宝塚は綺麗でないといかんのよね~」
とつくづく思いました。
そしてその綺麗な子達が、しっかりした良いお芝居をしてくれたもんだから、まさに「ブラボー!!」でした。
ただ「この感動を大事にしよう」と思い
リピートはやめた関西人です(笑)

≫ Mさま

東京に帰還しましたが、いまだに感動さめやらぬ心地です(あとで書くかもしれませんが、雪組も含め)

「この感動を大事にしよう」・・・これはいい考え方! 私もできるだけ見習って、ついでにおサイフの中身も大事にしなくては(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/28655849

この記事へのトラックバック一覧です: 二人の貴公子!!:

« パンダのランチタイム♪ | トップページ | ヅカまみれな日々・・・ »