発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 明日は初舞台♪ | トップページ | 沢井忠夫先生 »

2009年3月28日 (土)

筝コンサート楽屋日記

「沢井筝曲院30周年記念コンサート」、無事に本番が終わりました。
今日は朝9時15分に楽屋入り。リハーサルやら何やらの後、15時半から本番、19時過ぎに終了。

参加したのはたった2曲なのに、つかれた~(´д`)
何が疲れたって、大量の人と筝につかれた(´д`)
大合奏の曲ばっかりだからね、人はともかく、筝(&十七絃)の数がハンパじゃない。

のべ演奏者分の筝があるわけだから、ゆうに200面はあったんじゃないかな。
生まれてこのかた、これほど大量の筝を見たのは初めてだ。

これだけの筝を曲ごとにスムーズに正確に出し入れするのって至難の業。リハーサルもそのためにやったといって過言ではないくらい。舞台裏はまさに工事現場状態!?
それから調弦の作業も大変だ。

とはいえ、初心者な私の仕事はといえば、自分の楽器を間違いなく出し入れすることと、あとはひたすら、邪魔にならないように気を配ることだけ。
事細かな準備をされたスタッフの皆さんには頭が下がるばかりだ。

でもおかげさまで演奏は・・・とにかく気持ちよかった!!!
もちろん100点満点ではないけれど、打てば響くような空間がたまらない。
私はこれまで、ホールの音響にはあまり興味がなかったのだけど、音楽系の人がこだわる気持ちが初めてよくわかった気がする。
あとやっぱり、お客さんがいると萌えます・・・いや違った燃えます。

タカラヅカ仲間でもある知り合いが来てくれることになっていたので、
「2列目の上手端、明日海りお的ポジションで弾いてま~す」
とヅカ風味でアナウンスしておいたところ、舞台に出てみたら、いきなり客席最前列の上手端に座ってるみんなの姿が目に入った。

「キミたち・・・聴きに来てるんじゃなくって、観に来てるだろウッシッシ

と、心で突っ込んで大爆笑。さすがヅカファン!(普通、音楽聴きに来る人は最前列の上手端には座らないでしょ)
もちろん、アイコンタクトは忘れない私ですハート達(複数ハート)

090328koto そして、しっかりお花も入れてくれてました。
こーゆーのって、うれしいんだよね。楽屋でもチョッピリ鼻が高くて。
ありがとうございます。さすがヅカファンの心遣い!!

で、あとで感想を聞いてみると、
「どの曲もすごくカッコよかった~。曲も、弾いてる姿も。
あーいう曲なら、子どもでも『私も弾いてみたい』って思うんじゃない」
だと。うれしいなあ~~~わーい(嬉しい顔)

いや実際、私もラストの1曲(選りすぐりメンバーのスペシャル)だけ客席の後ろで聴くことができたのだけど、自分の演奏の喜びが吹っ飛ぶくらいカッコいいなあと思った。
曲が激しいので、弾いてる姿もアグレッシブ、まるで群舞のよう。
その末席の末席に加わることができて、うれしいなあと改めて思ったよ。

やっぱり演奏者は、いろんな意味でカッコよくないとアカンね!
私も明日からまた、ビジュアル系筝弾き目指して、がんばろーダッシュ(走り出す様)

« 明日は初舞台♪ | トップページ | 沢井忠夫先生 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筝コンサート楽屋日記:

« 明日は初舞台♪ | トップページ | 沢井忠夫先生 »