発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 故郷の星がおちゃん! | トップページ | 「負け」を受け入れるのも大事? »

2009年3月31日 (火)

島らっきょう

090331rakyo 私はカレーなどにくっついている「らっきょう」はあまり好きではない。
だけど、沖縄の「島らっきょう」だけは別。

沖縄料理の店に行ったときは、好んで頼んだりするくらいだハート達(複数ハート)

その「島らっきょう」が某野菜宅配サービスのカタログに載っていたので、お取り寄せしてみた。

添付のレシピに「生で薄くスライスして、かつおぶしと醤油をかけるのがオススメ」とあったので、とりあえず初日はそうしてみたのだけど、こりゃさすがに匂いがキツイ。
おかげでその日は、寝るまで口が臭くて耐えられなかったげっそり

そこで今日は定番の浅漬けに。
あらかじめ、塩でもんでおいて、かつおぶしをふって食べる。
うんうん、沖縄料理屋さんで出てくるのはこれだ。

欠点は「ビールに合いすぎる」こと、だな。
思わず、とっておきの「シルクエビス」あけちゃったよぉ~ビール

・・・というわけで、ビール飲みながらこれ書いている。
ううう・・・病み付きになる味、ポリポリあせあせ(飛び散る汗)

« 故郷の星がおちゃん! | トップページ | 「負け」を受け入れるのも大事? »

ゴハン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 島らっきょう:

« 故郷の星がおちゃん! | トップページ | 「負け」を受け入れるのも大事? »