発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ナルミツ・セレクト | トップページ | 廃人への道再び »

2009年2月28日 (土)

白洲正子が好きになれない

NHKドラマ「白洲次郎~カントリージェントルマンへの道」をみました。

んでもって、改めて「白洲正子ってヤな女!」感を新たにしてしまった。

なんかイキがってツッパってるけれど、結局は実家のお金の力。型どおりの理想の人生の枠を出ることのなかった優等生じゃん、と思ってしまう。

確か大塚ひかりさんが「いつから私は「対象外の女」 」って本のなかで、
「私は白洲正子より宇野千代のほうが好きだー」
みたいなことを書かれていたと思うのだが、私もその意見に賛成なのです。

三度も結婚し、奔放な男性遍歴を包み隠さなかった宇野千代のほうがよっぽど人として興味深い。さっすが故郷の大先輩!!

文章も断然宇野千代のほうが面白いしね。白洲正子の本もチャレンジしたんですけど、皆途中でやめてしまったもの。

だから、正直いって昨今の白洲夫妻ブームは疑問。
やっぱ、みんなセレブが憧れなのかなーって思っちゃう。


・・・とか文句をいいつつ、たぶん来週もみてしまうでしょう。
理事ファンとしては、とりあえず次郎さんは押さえておかないとね揺れるハート

« ナルミツ・セレクト | トップページ | 廃人への道再び »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/28411546

この記事へのトラックバック一覧です: 白洲正子が好きになれない:

« ナルミツ・セレクト | トップページ | 廃人への道再び »