発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 本を整理する | トップページ | 時代のなかの小さなひとり »

2009年1月14日 (水)

テーマかサイズか?

本の整理をしていてぶちあたった素朴な疑問。
それは、本は「テーマで整理すべきか、サイズで整理すべきか?」である。

むろん私としてはテーマで整理したい。
たとえば「文楽」関連の書籍はそれだけでまとめておいて、並び順もきちんとしたいのだ。
(こーいうところだけ妙に潔癖な私)

ところが・・・我が家の本棚ときたら、各段ごとの高さがまちまちで、A5版が楽々入る段もあれば、四六版しか入らない段もある。奥行きも違っていて、文庫や新書しか入らない棚もある。

つまり、ここにきて「本のサイズ」という、まったく違う基準を導入せざるを得ないのだ。
たまにB5版とかあると、もうホントに混乱してしまう。
「日本で発行する書籍はすべて四六版に限る」とか法律で決めてくれよーとか思うが、まあそれも寂しいよね。

本当なら、本棚のすべての段をせめてA5サイズまでは入る高さにそろえればいいのだろうが、日本の狭い住宅事情を考えると、そんな贅沢もなかなか難しいし・・・。

世間の本好きの皆さんは、この問題をどうやって解決してるんだろう?
またまた考え込んでしまう私であった。
うーん、本ってやっぱり奥が深い・・・ふらふら

« 本を整理する | トップページ | 時代のなかの小さなひとり »

ひとり仕事」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

私は本のサイズで分けています。
新書コーナーと文庫コーナー、A5サイズにB5サイズ、そしてA4以上サイズと言う形で分けています。
まぁまだ家にある本が300冊に届かないでしょうし、そんなに整理に困ったことはないんですが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テーマかサイズか?:

« 本を整理する | トップページ | 時代のなかの小さなひとり »