発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 閉店のない居酒屋 | トップページ | 私はのぞみ派 »

2009年1月22日 (木)

新公そして「みにくいアヒルの子」

今日はアポが重なったので朝10時から出ずっぱりで、家に帰ったのは夜9時過ぎ。
これだけでグッタリなのに、会社員だったころはこんな生活を毎日続けていたのかと思うと信じられないっあせあせ(飛び散る汗) 会社勤めの人ってホント尊敬します!!


で、本日最後の用事ってのが月組新人公演だったというあせあせ
みりおちゃん(明日海りお)は余裕で芝居楽しんでましたね。
ひとことで感想をいうと、

私も「ヘタだな・・・」といわれたいハート達(複数ハート)

であります(ここがわたくし的な一番の萌えポイント目がハート)。

その他、印象に残った人のメモ。
小宰相の君の咲希あかね、大劇のときに比べてのびのびやってて存在感あったな。光源氏の彩央寿音は、宇治のお社の場面の傀儡(くぐつ)の振りが傀儡らしくなってた。あれは意外と難しいんだと思う。明石の中宮の羽咲まなの堂々たる演技はとても新人公演とは思えません!

みりおちゃんが最後の挨拶で、
「いつも東京公演では『大劇より上手くなってなきゃ~』とプレッシャー感じるんだけど、今回は大野先生の熱心なご指導もあって毎日すごく楽しくお稽古できました」
みたいなことをいっていたけど、まさにそんな雰囲気が伝わってくる舞台だったな。
やっぱ芝居はチームワークだよね、と改めて感じさせられた、気持ちのよい新人公演でありましたわーい(嬉しい顔)
インフルエンザにもかからず無事にみられて本当によかった!


そんななか、人事的に激動が続くタカラヅカで今日も新たな発表がありましたね~。
わたくし的に一番衝撃なのは、

「凰稀かなめ、雪組から星組に異動」

であります
そう、知人のYさん(♂)がテレビでその美しさに目を奪われ、思わず名前をググってしまった、あのかなめちゃんですよ!

でも、「衝撃」だけど「意外」じゃーないなぁ。
なんというか・・・そう、雪組ではずーっと「みにくいアヒルの子」のような気がしてたから(雪ファンの人なら、この感じ、わかってくれる人もいると思います)。

かなめちゃん、星組で美しい白鳥として羽ばたいてねーっるんるん

« 閉店のない居酒屋 | トップページ | 私はのぞみ派 »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/27379943

この記事へのトラックバック一覧です: 新公そして「みにくいアヒルの子」:

« 閉店のない居酒屋 | トップページ | 私はのぞみ派 »