発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 酔えないタカラヅカ | トップページ | つまんないクリスマスカード »

2008年12月23日 (火)

出来の悪いショー

昨日の日記で宙組のショー「ダンシング・フォー・ユー」を「近年まれにみる駄作」と断言した後「もしかして、いいすぎたかもふらふら?」と弱気になった私。

他2名ほどにヒアリングしたところ、いずれもやはり「なんか物足りない」「つまらないかった」との感想だったので少し安心(?)した。

なんでまた、これほど物足りなく感じてしまったのだろう?と、さっきBSで月組の「MAHOROBA」をみながらつらつらと考えたのだが、ひとことでいうと「個の差別化」がなされていないからだということに思い至った。

タカラヅカのショーは団体競技だ。
一糸乱れぬその群舞に第一の魅力がある。

だが、そのなかでスター性、歌、ダンスなど特別な魅力を授かった者だけが、その魅力が最高に生かせる場を与えられる。
観客は(とくにご贔屓がいるファン)は、それを楽しみに観に来ているのである。

だから、踊り手にはバンバン踊れる場を、歌い手にはガンガン歌える場を与え、明日のタカラヅカを担うイケメン若手はズラリと並べて観客に目の保養をさせるべきなのだ。
何より、トップスタークラスが最高に輝ける場が絶対に必要だ。「○○さんじゃないとできない場面」をファンは求めている。

今回のショーは、それらがすべて欠けている。
昨日も書いたけど、まるでジャズダンス教室の発表会のような群舞の連続だから飽きる。
スターにゃ派手な衣装を着せてセンターで踊らせておけばいいのさ、というものでもないだろう。
それに、衣装やセットも変化に乏しく面白みがなかった。

宙組の美形男役、早霧せいな・凪七瑠海らによるエイトシャルマンも、「Apasionado!!」の花々を観た後となっては、刺激が足りなすぎ。「百年の孤独」を飲んだ後にお茶飲むみたいなもんである。

唯一よかったのは本公演を限りで卒業の歌姫・和音美桜の聴かせどころが3箇所ほどあったこと。
とくにフィナーレのエトワールは絶品。あの高音を出せるのは彼女しかいない。北翔海莉とのハーモニーが聴けたのもうれしかった。
表情がすごくキラキラしてたから、きっといい形の退団なのだろうけど、それにしても哀しすぎるたらーっ(汗)
彩乃かなみもいないし、今後のタカラヅカの歌姫不在は絶望的だ。

あとは、陽月華が男役を率いて踊った場面もよかったな。
男役を率いて絵になる娘役さんって素敵だ。休演してしまった前作「Passion 愛の旅」をやっぱり彼女アリで観たかったなと改めて思った。
(陽月華にあてた場面がすごく多かったからね)


元来タカラヅカのショーというものは、つまらん芝居をフォローするために存在しているのであって、前半の芝居がどんな駄作であろうと、「でも、ショーが楽しいからいいわ♪」と何度も通うのがお約束なのである。

そのショーで「つまらない」「物足りない」と感じてしまうことのほうが非常に珍しいことなのであって、その意味では希少価値の高い作品なのかもしれないけどウッシッシ

« 酔えないタカラヅカ | トップページ | つまんないクリスマスカード »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/26428832

この記事へのトラックバック一覧です: 出来の悪いショー:

« 酔えないタカラヅカ | トップページ | つまんないクリスマスカード »