発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« 塩納豆ごはん | トップページ | 萌えるBL魂♪(「情熱のパソドブレ」リポート) »

2008年11月 5日 (水)

華のある人

何年か前、初めてテレビでオバマ上院議員を見たときのことを鮮烈に覚えている。

「うわわ、なんて華のある人なんだろうぴかぴか(新しい)

というのが第一印象だった。
それで、「将来のアメリカ大統領候補と目されている」(当時は、まだ「可能性のある人のひとり」ぐらいの位置づけだったけど)と聞いたとき、この人ならホントに大統領になっちゃうかもしれないなーと漠然と感じたのだった。

それが、ついさきほど本当になってしまった!
ちょっと感慨深いかも。


宝塚ファンなんぞを長年やっていると、「この人は華があるかないか」をつい見極めてしまうクセができる。
「華がある」とはすなわち、ファンや支持者といった人以外にも「なんとなく、いいなと思われる」力がある、ということではないかと最近は定義づけている。

もとからのファンや支持者に愛され、支援されるのはアタリマエのこと。それ以外にどのくらい支持を広げられるか、なのだ。この力が圧倒的な集客力につながり、ひいてはカネを生む。だから、芸能の世界では常に「華のあるスター」が求められる。

オバマ氏も同じだ。彼の「華」が共和党優勢といわれた州の有権者の心をも動かした。日本国内でさえ、「なんとなく、オバマが大統領になったらいいんじゃないかなー」という気分が蔓延してたと思う。ぶっちゃけ、私もその気分のなかにいたひとりだったし。

いろんなところで利害関係が複雑化し価値観も多様化するいま、政治家もわけのわからない「華」みたいなパワーがないと時代を引っ張れないのかもしれないね。小泉さん人気なんかも、その典型だし。
今でいうとやっぱり小沢さんよりは麻生さんに「華」では分がある。私は自民党びいきではないけど、今選挙やっても民主党はそう簡単に勝てないと思うな。


ともあれ、オバマ氏は単なる華のあるカリスマに留まらず、その主張にも共感できるから、がんばって欲しいなと思う。Yes,we can!

(そして、私の持ってるいくばくかのドルを何とかして欲しいのだったたらーっ(汗)

« 塩納豆ごはん | トップページ | 萌えるBL魂♪(「情熱のパソドブレ」リポート) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華のある人:

« 塩納豆ごはん | トップページ | 萌えるBL魂♪(「情熱のパソドブレ」リポート) »