発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« いたく反省 | トップページ | インフルエンザの温床 »

2008年11月19日 (水)

我がアイロンに晴れ舞台

昨日の朝、「だんだん」を見ながら朝ゴハンを済ませ一息ついていたら、いきなりケータイが鳴った。
「情熱のパソドブレ」プロデューサーの野住さんからだった。

「朝早くから申し訳ないんだけど・・・アイロン持ってきてーー!!」

ええっアイロン? なんでまた??
聞けば、衣装部さんが使うアイロンを持ってくるのを忘れたんだと。


ははは~~、そういうことって、あるよねあせあせ


さっそくアイロン、霧吹きなどなど一式まとめて袋に入れ、焼け焦げのついたアイロン台はそのまま小脇に抱えて電車に乗り、北沢タウンホールに馳せ参じる。
楽屋に入ると可愛らしい衣装部さんが待ちかねていた。

それにしても、ここ数年、いや10年ぐらい(?)アイロンが必要な服をできるだけ着ないようにしている無精者なので、ほとんど使ってないアイロンである。
突然、火を吹いたりしまいかと心配だったけど、今のところ何もいわれてないから大丈夫だったのでしょう。いやはや、我が家のアイロンにしてみれば、突如として活躍の晴れ舞台がめぐってきて良かった。


楽屋で、主演の椿火呂花さんをちらっとお見かけした。
すごーい自然体、思った以上ごく普通の女の子って感じの方。そして、驚くほど華奢で小顔!! 私は普段、人様が小顔かどうかにあまり関心がないのだけど、昨日ばかりは小顔にびっくりでしたよ。
そんな椿さんが、あの男前なエミリオ君にいかに変貌するのか、興味しんしんです。

そして今日はいよいよ初日(でも明日はあっという間に千穐楽)。いい天気でよかった~晴れ
開演前後に劇場に行ってお手伝いしてきます。
(ホスピタリティはないけど、バタバタ状態のなかでは案外使えるんです、私手(チョキ)


なんにせよ、初めての挑戦ってのはすごく意味があること。
公演の成功を心よりお祈りします!

« いたく反省 | トップページ | インフルエンザの温床 »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/25472740

この記事へのトラックバック一覧です: 我がアイロンに晴れ舞台:

« いたく反省 | トップページ | インフルエンザの温床 »