発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 大人げなくってスミマセン | トップページ | ヤバイ!飛行機に(  ̄□ ̄;)!! »

2008年11月29日 (土)

跳んだ!真央ちゃん

夕食時にテレビつけたら、フィギュア女子のNHK杯をやってて、ちょうど浅田真央の番の直前だった!

真央ちゃん、すべてのジャンプをキレイに決めて、ぶっちぎりの1位富士山

さらに、
「国際大会で女子がトリプルアクセルを2回決める」
という史上初の偉業が成し遂げられた・・・かのようだったけど、残念ながらこれは審判のジャッジで認められなかったみたい。
(どちらかのジャンプが「トリプルアクセル」とみなされなかったらしい)

で、「トリプルアクセル」っていったい何? と思ってさっそくググってみたら、こんなサイトとかあったんだけど、読んでもさっぱりわからず・・・というか、難しそうで熟読する気になれず、要するに「トリプルアクセル=最も難しいジャンプ」ということらしいです。
女子では飛べる人自体がなかなかいないらしい。

すべてのジャンプの種類を瞬時に見分けられるNHKのアナウンサーってすごい~、これはひとつの専門職だと思います。

いや~それにしても、真央ちゃんって小顔だし足長いし、ほんとスタイルいいな目がハート

フィギュアスケートって西洋の美の基準で判定される世界。
一昔前だと、日本の選手はリングに登場した瞬間から負けてますバッド(下向き矢印)って感じがすごく悔しかった。
今日は全世界に向けて、「どうだ、これなら文句ないだろ~手(チョキ)」っていいたくなりました。

« 大人げなくってスミマセン | トップページ | ヤバイ!飛行機に(  ̄□ ̄;)!! »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/25759119

この記事へのトラックバック一覧です: 跳んだ!真央ちゃん:

« 大人げなくってスミマセン | トップページ | ヤバイ!飛行機に(  ̄□ ̄;)!! »