発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 「銀ちゃんの恋」雑感 | トップページ | きゃ♪ »

2008年10月23日 (木)

ミュージカル「情熱のパソドブレ」ご案内

私が個人的にお世話になっているお二人、吉峯暁子さん脚本・作詞・監修、野住智恵子さんプロデュースの舞台のご案内をさせていただきます。

宝塚卒業後、美しさにますます磨きがかかったという噂の、あの椿火呂花さんが5年ぶりに舞台に復帰。立ともみさんも脇役でシブく登場しますから、宝塚ファンは必見です!
(青年館「銀ちゃん」行く人、会場にチラシが置いてあるので要チェックです)

チケットのお申込みは、公演ホームページをご覧のうえ、メールまたはお電話にてどうぞ。

東京でこのような舞台を実現するって、ほんとスゴイことだと思うんですよね~。皆さま応援よろしくお願いします!

以下、公演案内。

るんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるんるん

ミュージカル「情熱のパソドブレ」

主演は、元宝塚の椿火呂花と、元OSKの寿依千。
脚本は、なんと「マツケンサンバⅡ」の吉峯暁子。
作曲は、「スカーレット・ピンパーネル」でも活躍の鞍富真一。


◆日時
11月19日(水) 午後3時/午後7時
20日(木) 午前11時/午後3時

◆場所 下北沢・北沢タウンホール

◆料金 全席6000円

☆ストーリー☆
ラファエル(寿依千)とエミリオ(椿火呂花)は同じ孤児院で育った。二人は仲がよく、ラファエルはエミリオを兄のように慕っていた。二人とも闘牛士になる夢を抱いていたが、孤児の身では闘牛学校へ通うことはきかなうはずもなかった。

しかし、エミリオ15歳、ラファエル12歳のときに、転機が訪れる。町の篤志家の計らいで闘牛学校でレッスンを受ける機会を得た際、見学に来ていたフラメンコ・ダンサーのホセがエミリオにダンサーの才能を見出した。妻を亡くし、子供のいないホセはエミリオを養子にと望んだ。エミリオはラファエルと離れ離れになるのが辛く、養子に行くことを拒んだが、孤児院の院長は許さなかった。

エミリオはある条件と引き換えに養子に行くことを承諾する。実の兄と弟以上に強い絆で結ばれていた少年たちの心は引き裂かれた・・・・。



※お友だちもお誘いあわせのうえ、いらっしゃってください。
よろしくお願いいたします!

« 「銀ちゃんの恋」雑感 | トップページ | きゃ♪ »

カンゲキの記録」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/24698094

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージカル「情熱のパソドブレ」ご案内:

« 「銀ちゃんの恋」雑感 | トップページ | きゃ♪ »