発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« 無農薬の恐怖 | トップページ | 恋愛なんてめんどくさ »

2008年10月28日 (火)

ガッツポーズの似合う貴方

昨日からキャーキャーいってるアサヒコムのこの記事。

「怒濤の1年、締めは艶男 宝塚月組・明日海りお」

写真がなんといってもよろしい。
ガッツポーズですよ、ガッツポーズ!
なんとも体育会系っつーか泥臭いっつーか・・・ダッシュ(走り出す様)

よく、彼女はコムちゃん(朝海ひかる)に似てると評されるけど、この写真が最大の違いをよく表してる。コムちゃんにはこんなガッツポーズ絶対に似合わないもん。

しかも、記事の内容とあわせて読むと、
「新人公演2度目の主役を射止めました! わーい! バンザイ!」
・・・ガッツポーズっという風に読めちゃう。
こういうシチュエーションで素直にガッツポーズしちゃうところがまたすごい。

ただでさえ出る打たれまくりの世界、内心はどうあれひたすら奥ゆかしく、目立たぬようにふるまうのがこれまでのヅカ流、日本人流ではなかったか?

この素直すぎるガッツポーズみてると、オリンピックの北島康介のガッツポーズなどをふと思い出してしまう。これぞ今風のスターの流儀なのかと。

それでもイヤミに思えないところ、「ああ、いいナァ目がハート」と思えちゃうところが今風スターの証であり、条件でもあるのでしょう。

« 無農薬の恐怖 | トップページ | 恋愛なんてめんどくさ »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/24809690

この記事へのトラックバック一覧です: ガッツポーズの似合う貴方:

« 無農薬の恐怖 | トップページ | 恋愛なんてめんどくさ »