発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

« ごはんのこと | トップページ | 栗プリンショック »

2008年10月16日 (木)

夢を叶えたとうこちゃん

このところヅカファンにとって株価暴落よりも何よりもショックなニュース、それは、

「星組主演男役 安蘭けい 退団発表」

である。

劇団公式サイトで退団記者会見の記事を読んでて、とうこちゃん(安蘭けいの愛称です)と記者とのこんなやりとりが目にとまった。

Q.今まで続けてこられた支えや力の源は?
A.ファンの皆様がどんな時も応援してくれた事そして宝塚の仲間が支えですが、私の中では夢が1番で、自分の夢を叶えるという事が自分にとっての力の源です。


これはすごい! とうこちゃんらしいなあと唸ったよ。

普通、こういう場合は「ファンの皆さんや家族、劇団の仲間やお世話になった方々の支えがあったからこそ」というのがお約束だ。

ところが彼女の場合は「私の中では夢が一番」。
これまでの数ある記者会見のなかでも、ここまで潔く言い切ったのは彼女ぐらいじゃないだろうか。

思えば、ここまで上り詰めるのに苦労したスターもなかなかいない。
まず音楽学校の試験(中卒から高卒まで受験できる)だって3回落ちて、高卒時のラストチャンスにようやく合格。
劇団に入ってからは比較的早くから注目されたものの、そこから辛抱の時期がとても長く続いて、結局トップになれたのも同期トップのなかの一番最後。

どちらかというと少年っぽさが売りの人だったから、年を経ると厳しいんじゃないかと心配されたけど、ある時期から見事に演技派スターに芸風を転換させてトップの座を勝ち取った。
でもトップになってからは「赤と黒」そして「スカーレットピンパーネル」と作品に恵まれたと思う。

・・・と、そんな道のりを経てきた人だからからこそ、いえる一言じゃないだろうか。
そして、記者会見の笑顔もサイコーだ。


夢を叶えたとうこちゃん。
カッコいいよぉ!!!


(でもベルナール編のチケットがぜんぜんみつからないのは困る・・たらーっ(汗)

« ごはんのこと | トップページ | 栗プリンショック »

宝塚歌劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1113285/24541877

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を叶えたとうこちゃん:

« ごはんのこと | トップページ | 栗プリンショック »