発売中!

  • 深く楽しく面白く!
  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!
無料ブログはココログ

« きゃ♪ | トップページ | ジャガー横田と違いますから »

2008年10月25日 (土)

知の摩擦プロジェクト

半年に1回、こんなイベントに参加している。

参加の理由は、もちろん「後輩たちのため何らか役にたちたいから揺れるハート
・・・というのは半分嘘で、そんな愛校心溢れる気持ちは3分の1ぐらいに過ぎない。

あと3分の1は、単にイマドキの学生をみてみたい、いっしょに話をしてみたいという興味本位。老後のためにも(?)若い世代とコミュニケーションする訓練はしておくべきだと思う。

そして、あとの3分の1は、自分自身の今の仕事ぶりを見つめなおすため、かな。学生さんの興味を惹くように語れるときは、調子がいいときといっていい。・・・今日はいまひとつだった。


かつて自分たちもそうであったように、学生が社会人を見る目ってシビアだ。
先輩をたてるフリをして、案外、容赦なく値踏みされてるのを感じてしまうのはキツイふらふら

だが、こんなことが気になるのは、学生たちに「高値」で評価されたいという欲望の裏返しだ。いかんいかん、これじゃまるでトシをかさにきたオヤジ的スタンスじゃないかと反省あせあせ(飛び散る汗)

・・・と、そんなことをくだくだと考えさせてくれる機会はやっぱり貴重だな。
背伸びせず、自然体で接することができる自分でありたい。
キツイけど、次回もまた参加してみようと思う。

« きゃ♪ | トップページ | ジャガー横田と違いますから »

ひとり仕事」カテゴリの記事

少し長めのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知の摩擦プロジェクト:

« きゃ♪ | トップページ | ジャガー横田と違いますから »