発売中!

  • 100年の伝統と挑戦!
  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の記事

2008年9月23日 (火)

女の幸せはどっち?(奥州安達原)

なんだか急に、文楽関連のことも真面目に書いておこう、という気分になっている。
文楽とは長い付き合いをするんだから、「熱烈文楽」がゴールじゃないからね。

というわけで、9月東京公演の二部は「奥州安達原」。
襲名披露でひたすら華やかな一部と対照的な、地味~で暗~い演目。
だけどこれが意外にハマってしまった。

時は平安時代、源義家に滅ぼされゆく奥州安倍氏の物語。
八幡太郎義家は勇猛さと賢さを兼ね備えた完璧な武将として描かれ、その知略に安倍一族は基本的には翻弄されっぱなしの展開だ。

にも関わらず、義家はあんまり魅力的に思えない。少なくとも友だちにはなりたくないタイプ。
源氏への復讐のためなら何でもやっちゃう、でも悉く裏目に出てしまう安倍貞任や、その母岩手なんかのほうがよっぽど好きだな。

こうした、歴史上の「負け組」に対する温かい視線が文楽の時代物の魅力だと思う。明智光秀が主人公の「絵本太功記」なんかも同じだ。

さて、「奥州安達原」では前半に平直方という老将の二人の対照的な娘が出てくる。
妹の敷妙は、今をときめく八幡太郎義家殿の正妻におさまり、両親にとっても自慢の孝行娘ってことになっている。

対して姉の袖萩のほうは、どうしようもない放蕩娘。
ゆきずりの侍と恋に落ち、デキちゃった結婚で親からは勘当。
しかもその相手というのが、父親にとっては敵方にあたる安倍貞任ときた。安倍氏再興のミッションに燃える貞任とはほどなく別れ別れになりシングルマザーに、やがて乞食にまで落ちぶれ、最期は父と夫との板ばさみになり自害してしまう。

この姉妹、女性として果たして、どっちが幸せだったんだろう?と、ふと考えた。

普通に考えたら、妹の敷妙のほうが勝ち組だ。
それに比べて踏んだり蹴ったりの袖萩。
にも関わらず、袖萩の人生も案外捨てたもんじゃないかも、と思うのだ。

だって、安倍貞任のような男性と両親も捨てるほどの大恋愛ができたわけだし、その男性との子ども(これがまた素晴らしく出来の良い娘)にも恵まれたわけだし。

女性として、これ以上の幸せがありましょうか??

対する敷妙と源義家夫婦はどうなんだ?
子どもはいないようだけど、たぶんセックスレスなんじゃない、とか意地悪なこと考えたり。

私だったら・・・やっぱり姉の袖萩の人生を選びたいなあ。
寒空に着るものがないのはツライけどね。

・・・と、そんなこと言ってるから、いつまでたっても負け犬人生から脱し切れないんでしょうか(≧∇≦)

2008年9月22日 (月)

襲名披露公演

昨日は国立劇場にて9月文楽公演を一部、二部連続で観劇。昼11時から夜の9時まで10時間の文楽耐久レース。
が、途中一度も記憶を失うことなく文楽ワールドを満喫できてしまったよ。
さすが「文楽脳」な私!?

一部は吉田清之助さん改め豊松清十郎さん(五世)の襲名披露公演だったから、劇場中が華やかな空気でいっぱい。

開演前、紋付袴姿の清之助さん、いや清十郎さんがロビーの襲名披露特設ディスプレイ(?)の前で挨拶されてたから、私も「おめでとうございます」と一言ご挨拶して通り過ぎようとしたら、逆に清十郎さんのほうから、

「本、とっても評判がいいみたいですね~。私のところにも、何人か持ってこられた方がいましたよ。良かったですね」

と、わざわざ声をかけてくださった。
本公演で一番お忙しい立場、しかも本日千穐楽という日というのに、「文楽を楽しむ会」のときと変わらぬ気安さで声をかけてくださったことに感激!
この身近感が文楽ならではの魅力だよな。


ちなみに拙著「熱烈文楽」は劇場の売店でもかなり目立つように置いてくださっていた。
やったね! 目立ち度だけでは三浦しをんに勝ったぞ!(笑)
売店の方にご挨拶すると「たいへんよく売れましたよ~」とのこと。
どこの大型書店よりも、こうやって劇場横の売店で愛されるのはホントありがたいことだ。


本にも書いたけど、文楽の襲名披露は歌舞伎に比べるととってもシンプル。
ご本人は一言も発せず、師匠、先輩方がひとことずつ挨拶して15分ぐらいで終わりだ。

清之助さんには人形関係の部分の原稿をチェックしていただき、たいへんお世話になった。その清之助さんがこうして豊松清十郎を襲名される。
これから、清十郎さんがこの由緒ある名前を大きくしていかれる道のりをずっと応援する楽しみが私にはあるのだ。

ああ私、文楽に出会えて良かったなーと、改めて幸せな気分になれました。

トップページ | 2008年10月 »