発売中!

  • 歌舞伎・歌劇・レビュー・バレエ・日本舞踊・ミュージカル・2.5次元……が「タカラヅカ」になるまで
  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル
無料ブログはココログ

2017年6月15日 (木)

レミゼ30周年スペシャルウィーク!

珍しく神様が東宝ナビザーブに微笑んでくれたので、観て来ましたよ(^-^)/

囚人俳優吉原バルジャンがアツい! そのパッションが2回B席までガンガン伝わって来ます。
川口ジャベールも思いのほか良かった。思わず滲み出てしまう温かみがジャベールという存在の哀しみをかえって引き立たせるよう。2幕の自殺シーンも説得力ありました。

そして来ました!革命俳優・上原アンジョルラス!!
私のレミゼにこの人だけははずせない。海宝マリウスとの組み合わせもまさにゴールデンコンビ❤️❤️
上原アンジョルラスが皆を引っ張る力がすごすぎて、あ〜こういうカリスマ性が普通の学生たちを悲劇に陥れるんだよねとまたまた哀しみが。ほんと罪な人だわ。

松原エポニーヌ、初見でしたが、知的で凛としたエポニーヌ(お名前の通り)でとっても好みでした。
やっぱりエポニーヌに共感できるとレミゼば俄然テンション上がります。
これまで観たエポニーヌって多かれ少なかれ島田歌穂さんの幻影に囚われている感があったけれど、そうではない彼女らしいニュータイプなエポニーヌを見せてもらった気がします。

というわけで本日の極私的男優賞・女優賞は川口ジャベールと松原エポニーヌです。
こういう新発見があるのもトリプルキャストなレミゼならでは。

特別カーテンコールは想像以上の豪華さでのけぞりました〜((((;゚Д゚)))))))
歴代キャストが日替わりで登場してレミゼ思い出秘話を披露。
ロンドンキャストもゲストで登場して歌唱披露、などなど。
さらに歴代リトルコゼット、リトルエポニーヌ、ガブローシュまで登場したのにびっくり!(当然みな成長していて、かつての面影はほとんどなし)
最初に今井清隆さんが歌い出した瞬間に震えましたわ。
岡幸二郎さんもいらしたのが嬉しかったけれどジャベールチームでのご登場でした。上原くんと一緒にアンジョルラスチームで歌って欲しかったな。

とにかく、レミゼの神様に感謝‼️




» 続きを読む

2017年6月 9日 (金)

愛死に@FUKAIPRODUCE羽衣

FUKAIPRODUCE羽衣は「妙ージカル」なるものを上演する団体なのだそうです。
何だ何だ〜?というわけで観に行って参りました。
「愛死に」@東京芸術劇場シアターイースト。
…で、思ったんです。確かにこれ「妙ージカル」だわ…と。

よくあるミュージカルでは、男女の美しい愛が描かれます。
でも、時々ひねくれたことを思うんですよね。
ハッピーエンドな結末の、さらにこの後、二人はどうなるのかな?とか。
この作品で描かれてない美しくない日常もたくさんあるよね〜とか。

そうやってミュージカルで封印されてきたものを一気に蘇らせたのが「愛死に」なんじゃないかと思ったんです。なるほど「妙ージカル」。
いわば、歌って踊る、愛の亡霊の物語ってところでしょうか。

かといって斜に構えてる感じではなくて、読後感ならぬ観劇後感(っていうのかな)も決して悪くない。
おそらく本質的なところでは、この作者は「愛」を信じてるんじゃないかなぁと信じられるところが気持ちの良い作品でした。

王道ミュージカルにちょっとお疲れ気味の方にもおすすめかも。


2017年6月 8日 (木)

ソール・ライター展

ふと見かけた駅貼りポスターが気になって、行ってきてしまいました。
ソール・ライター展@Bunkamura

構図の斬新さ。
モノトーンと原色との、目を見張る色彩感覚。
ぼんやりとくっきりのコントラストの面白さ。
…写真家であり、でも画家であることもやめなかった彼の写真は、どれも部屋に飾りたくなる美しい絵のようでした。
そして、「葬式のような結婚式から」とか「モンドリアンの労働者」とか、写真のタイトルも何だかときどき面白い(笑)。

その写真のほとんどは、彼が住んでいたニューヨークのイーストヴィレッジで撮られたものなのだそうです。
それだけ身近なところに「美」は眠っているのですね。

…でも一番心惹かれたのは、名声にはまったく関心を示さず、表現し続けること、そしてその表現でほんの少しだけ人を喜ばせることを一番大事にし続けた、彼の生き方かもしれません。

「肝心なのは何を手に入れるかじゃなくて
何を捨てるかなんだ」

「重要なのは、どこで見たとか、何を見たかもいうことではなく、どのように見たかということだ」

「取るに足らない存在でいることには、
はかりしれない利点がある」

名言もいっぱいです。


図録も買っちゃった〜

2017年6月 6日 (火)

ホタルブクロ

子どもの頃『大きい1年生と小さな2年生』っていう話が好きだったんだけど、この話の中で、意気地なしの1年生の男の子が勇気を出して冒険の旅(つまり遠出)に出て、2年生の女の子に持って帰ってくるのが、確かホタルブクロの花だったと思います。

そんなわけでちょっと憧れだった花が仲間に加わって嬉しい❤️



2017年5月29日 (月)

青☆組「青色文庫 -其参、アンコール選集-」

先日拝見した青☆組さんの「雨と猫といくつかの嘘」(A.Bプログラム)が面白かったので、もう一つのプログラムである「青色文庫 -其参、アンコール選集-」も観てみたいなあと思っていたところ、Dプログラムをぜひ!と熱烈オススメを受けましたので、行って参りました。

もう、めちゃくちゃ楽しかったです〜〜(((o(*゚▽゚*)o)))♡
無理して観に行って本当に良かった(笑)
そして、このプログラムを私にお勧めくださった理由も良くわかったのでした。
朗読劇『幸福の王子』『野ばら』+『あおぐみのうた LIVE♪』 、つまり私の大好きな二本立て! 
やっぱり二本立てはいい!!

後半の『あおぐみのうた LIVE♪』は、過去作品の劇中歌を演出の吉田小夏さん含む女子4名で歌うというアットホームで可愛いライブ。
2曲終わったところですでに「早くも残り3曲となりました…」というMCにも爆笑。こういうライブでは役者さんの素顔が垣間見えるのがいいのです。皆さんにより一層親近感が湧いた気がいたします。いっそのことユニット組んじゃえよ〜と思っちゃった(笑)

そして前半の朗読劇の方も…耳ではもちろん、目でも心(妄想?)でも楽しませていただきました。基本的には耳で味わうものでありつつも、見せ方のちょっとした工夫のおかげで脳内の妄想も膨らむんですよね。
ちなみに「幸福の王子」は子どもの頃とても好きだったお話のひとつだったんだよなぁ。

私、アットホームという名を借りたダサい舞台は好きじゃないんだけど、等身大で無理なくセンスよく工夫された舞台は素敵だなと思います。お金をかけた豪華絢爛な舞台とはまた違う美学を感じます。

いや〜ホント癒された。
思わずスキップして帰りたくなっちゃいました。るん♪

1705271705270003small

Dbace3ru0aaaiy7

1705271705271215small2

(c)伊藤華織

2017年5月28日 (日)

言葉にならない…

長年タカラヅカファンしてますが、恥ずかしながら応援してきた人が卒業する時の淋しさ、喪失感というものを経験したことがありません。
(何故なら、ずっと応援してきた方が特殊な道を選んだため)

だから、本当のところご贔屓を見送るファンの方の気持ちをわかっていなかったと思います。
(その代わり、他の皆さんには絶対にわからないであろう気持ちを知っているとは思いますが・・・)
サヨナラ公演の度に、心のどこかで「でもそれがタカラヅカの掟だから仕方ないよね」とクールに突き放す冷血人間であったことを今ここで告白し懺悔します(>_<)

その私がこの度の雪組公演ではかつてない感情を味わうことになり、正直うろたえておりまする〜( ;∀;)
縁あって急きょ本日の前楽を観てきたのですが、どうしようもない淋しさと、でも新たな光への確かな希望もあって…ほんと不思議な気分。
うまく言葉にできないので「言葉にできません」ってことをとりあえず言葉にしてみました(笑)

いやそれにしても、此の期に及んでまだまだ新たな感情を呼び起こしてくれるタカラヅカ、あな恐ろしや…。

※朝ごはん@行きの新幹線


2017年5月27日 (土)

レミゼ詣で・2017年第1回

レミゼ詣で・2017年第1回
舞台好きには、上演されると必ず行ってしまう定番演目ってのがありますが、レミゼはまさにその代表格ですよね。
というわけで行って参りました2017年バージョン第1回。

初お目見えの橋本じゅんテナルディエ、愛嬌たっぷりのチャーミングなテナルディエで場をさらいまくり、私もオペラ釘付けでした!
海宝マリウスはまさに「イケメンは正義」、私マリウスというキャラクターがあまり好きじゃないのですが、彼なら許す!何でもいいじゃんと感じさせるマリウスです(*^o^*) 個人的には彼のアンジョルラスも見たいかな。
そして、かつてコゼットだった鈴木ほのかさんのマダムテナルディエに、30周年の時の重みをずっしり感じたのでした。

新演出になって舞台が回らないのがやっぱり物足りない…有楽町線で少し先まで行けば客席が回っているというのに〜〜〜〜。
それでも最後は深い満足感に浸れるのはやはりこの作品が人間の罪と赦し、そして愛という根源的なテーマを扱っており、それが素晴らしい楽曲と見事にリンクしているからなのかなと思います。
未だバルジャンという人物が理解し難く、なぜジャベールの命を助けるのか?などわからないのですが、分かりやすければいいってもんじゃないですよね。生きているうちに理解できる境地に達したらいいなって感じかな。

本日は、おけぴ観劇会。
私も10年近くお世話になっているおけぴさんですが、こんな立派な観劇会を開催するまでになられたこと、私も吉原光夫さんのをがカテコ挨拶でおっしゃっていたのと同じく感慨深いです。
これもスタッフの皆さまの舞台への愛のたまものですね。
大盛況、本当におめでとうございました‼️


» 続きを読む

«青☆組「雨と猫といくつかの嘘」