Twitter

発売中!

  • 「タカラヅカ流・愛の方程式」を読み解きます
  • 「日本物」への偉大なる愛!
  • 100周年を祝してこの1冊!
  • 割とマジで勉強になります!
  • 清く正しく美しいヅカファンライフのすすめ
  • タカラヅカ100年の伝統と変化をたどる!

中本千晶の本(遊系)

  • 待望の文庫化!
  • 不景気も吹き飛ばすタカラヅカの魅力
  • 人形が泣く、人が泣く

中本千晶の本(働系)

  • 東大卒って本当にスゴイの?
  • 著者デビューマニュアルの決定版!
  • 独立した人、したい人のバイブル

関連サイト

無料ブログはココログ

2016年9月21日 (水)

梅芸エリザ覚書

台風が接近する中、19〜20日で梅芸エリザ&花組バウの遠征してきました。
まさに「嵐も〜怖くは〜な〜い〜♪」状態(笑)

「アイラブアインシュタイン」も私としてはめっちゃ面白かったのですがその話はまた改めるとして、まずは梅芸エリザの感想メモです。

それぞれの役の皆さんが進化していて、やっぱり来て良かった!
以下はとくに印象に残ったことなどの覚え書き。

芳雄くんトート、何だかカッコ良くなったような…いえ、今までももちろんそうなのでしょうけど、さらに! 立ち居振る舞いに美しさが増したような気がします。

万里生くんフランツ、歳を重ねていくさまを声色で表現していく技がすごい!

成河くんルキーニは帝劇の頃に比べると良い意味でぐっと力が抜けて緩急自在ですね。そしてやっぱり最後は激動の時代おバカな方法で生きた証を残そうとした哀れな若者に見えたのでした(T_T)

涼風さんゾフィー、特に1幕はまだまだ女を捨ててないぞという美しさ。考えてみればこの頃のゾフィーって私と同年代かもっと年下かも。綺麗でいいよね〜(^_^;)

エリザ講座に備えて色々と調べた後だっただけに、タカラヅカ版との違いもさらに発見できて面白かったです。

・フランツ登場の場面、ルキーニは「ああ、帝王っていやもう一人、ウィーンの宮廷には若くてハンサムな…」って言ってなかった。
・シシィがフランツに最後通告を突き付ける場面、トートがシシィを誘って拒絶された時、タカラヅカ版ではドアから出た後トートがガックリ落ち込みますが東宝版はなし。
・これは今更の気づきですが…シシィの体操室の場面でまたしても拒絶されたトートがダメ押しの「愛と死の輪舞」を歌いますが、これも東宝版はなし。

などなど。
やっぱりタカラヅカ版はシシィをめぐるトートとフランツの恋愛バトルとしてしっかり描かれているのだということを再確認したのでした。

14333795_1201888016551432_553484174


2016年9月17日 (土)

エリザベートを語り倒す!

本日は恒例!NHK文化センター青山教室でのタカラヅカ講座。
お題は「エリザベートを語り倒す!」でした。

百戦錬磨のエリザマニアの方々がいらっしゃるに違いないと思い戦々恐々としておりましたが、蓋を開けてみたら私自身がかなーりのエリザマニアだったってことを再発見いたしました(笑)

どうやら私、いつにも増してアツく語っていたらしいです(受講者の方談)。
自分ではまったく自覚ないんですけどね〜。
好きなことを語るときはアツくなるし、イケメンを取材するときは顔がほころんでしまう。
いつだって自分に正直に生きてる私なのでした。

おかげさまで好評だったみたいですが、これもひとえに「エリザベート」という作品自体が持つパワーのおかげなのかなと思います。
準備のためにいろいろ調べたり資料まとめたりする作業もまた楽し!でした。
連休の貴重な1日を費やしてご参加くださった皆さま、本当にありがとうございました。

☆次回は12月11日(日)にタカラヅカ×ダンス(雪組)やります。

☆これまた恒例となりました田内しょうこさんの講義デザートは、ショムローイ・ガルシュカという、ハンガリーのお菓子。ティラミスのチョコバージョンみたいなお菓子。お酒が効いて口当たりも良く、とーっても美味しかったですよ〜
14316704_1200112920062275_122946884


2016年8月19日 (金)

「いま、ここにある武器」

客席数たった100人の劇場でのお芝居。
とっても濃密、かつ洗練されたひとときを過ごさせていただきました。
白地のシンプルな舞台セット。登場人物はたったの4人です。

・ネッド(千葉哲也)
軍事用ドローンの開発に携わる天才肌の研究者。

・ダン(中嶋しゅう)
ネッドの兄で街の歯科医。家庭第一。

・ロス(那須佐代子)
軍事用ドローン開発チームの営業担当。

・ブルックス
諜報部員?

とにかくまず、あまりにも間近にいる役者さんに圧倒されました。大劇場だと絶対に味わえない感覚。矛盾した言い方だけど「生々しい虚像がそこにある」という感覚。至近距離で上から下まで舐めるように見られつつも、どんな瞬間も絵になり続けられる存在、それが役者なんですね。

「ドローン」は今でこそ話題ですが、イギリスのジョー・ベンホールがこの戯曲を書いたのは今から10年も前というからビックリです。

(以下は物語の核心に関する感想メモなので、ネタバレ注意)
シリアスなお芝居の中にドタバタ劇が混在した作品です。でも、人生の大事なことは案外こんな風に、日常のドタバタの中でいつの間にか決められてしまっているに違いない。それこそが人生の縮図なんだと思いました。

この話、兄の「健全さ」が弟を救ったような形で終わっている。でも、よくよく考えたら弟の人生をめちゃくちゃにしたのも兄の「健全さ」だったわけで・・・。異常性が支配する世界においては「健全さ」は害悪以外の何物でもないのかもしれないです。ああ、怖いよ怖い。

この舞台、千葉哲也さんが演出、中嶋しゅうさんがプロデューサー、那須佐代子さんもプロデューサー&劇場支配人なんですね。
こんな形で手作りで、良質の舞台を創り上げていけるって素敵なことだなと思います。

14068300_1170615789678655_379600386
※ちなみに「シアター風姿花伝」はポケストップでした(笑)


2016年8月16日 (火)

「王家の紋章」大人読み!

お盆休みを利用して60巻読破しましたぞ〜漫画「王家の紋章」!

めちゃめちゃ面白かった!
舞台化がきっかけで読み始めたのですがフツーに原作ファンになってしまいそう。

単なるラブロマンスかと思ってたら全然違ってました。
むしろこれ、壮大なる歴史物じゃないですか。
ヒッタイト、アッシリア、バビロニア、リビア、エーゲ文明の国、メディア、アビシニア(エチオピアのことらしい)、果てはインダス文明の国まで……古代に台頭した国々が出てくるわ出てくるわで、もうワクワクしてしまう〜。
20巻あたりから俄然面白くなってきて、一気にスピードアップ。
女子力に乏しい私としては、メンフィスとラブラブなキャロルよりも、いろんな古代の国の人に出会うたびにワクワクしちゃうキャロルの方に共感してしまうのでした。

60巻にしてまだまだ広がりを見せる壮大すぎる物語。
回収されていない伏線もたくさん残されています。
いったいどこまで広がるのやら?  さてこの先、何巻まで達するのでしょうか??

14034780_1166930276713873_538464066


2016年8月14日 (日)

博多ザベート!

博多といえば〜もつ鍋(*^_^*)

13891806_1165182546888646_543573725

・・・とか言ってる場合じゃないですね。
本来の目的は「どこまでも追いかけて行こう」博多座「エリザベート」観劇。
食い気だけじゃなくて、真面目に観劇レポをば〜(^_^;)

これまで1800席の帝劇でやってきた舞台が1300人向けにギュッと恐縮された、とても贅沢な舞台でした!
花總シシィ&城田トートはビジュアル最強!とくに2人の「私が踊るとき」が私的過去最高といっていい素晴らしさ。
まさにシシィの人生の絶頂期を感じさせる余裕の歌いっぷりでした。

まりおくんのフランツ、この役への愛とこだわりを感じます。ほんと好きです〜。

そして成河くんのルキーニ!!
確か最近の取材で「博多座では狂言回しとしての役割にもっとこだわりたい」てなことを言っていたと思うのですが、その言葉どおりの丁寧なお芝居。
でも…私、最後にシシィを刺した後の「エラそうな奴なら誰でも良かったんだ!」のところで何だか涙出そうになっちゃいました。
何だか彼のやり場のない想いを感じてしまったんですよね。
いやーまさかルキーニからそんな感情が沸き起こるとはびっくりびっくり。

14040033_1165296970210537_388893819

13892135_1165297380210496_518264369
そして博多座の斜向かいには川上音二郎さんの像が!
ちなみにここにはポケモンGOのジムもあります(笑)


2016年8月12日 (金)

ポケモンGOにはいつ飽きるのか?

いろいろやってみて、自分としての限界もだいぶ見えてきた。
以下のミッションを達成したあたりで収束するのではないかという見通し。

1.レベル20をクリア
2.山口県でプレイして地域格差を調査
3.ポケモンの巣と言われるところに行ってみる
4.コイキングを進化させる

ピカチュウにはあんまり執着がないなあ。
捕まえられたらいいけど。
ちなみに、コイキングの飴は今のところまだ94個です。

20160818_210501
帰省中に調査した、周防大島のポケモンGO的景色。
見渡す限りなにもない・・・


2016年8月 9日 (火)

月組戦士の戦い方

ポケモンGOではレベル5になると、赤青黄のいずれかのチームに入ってジムで戦えるようになる。
当然私はそれを「組配属」と呼んでいる。3つのチームはそれぞれ花組、星組、月組だ。

かくいう私は月組である。
レベル5の頃は何が何だかよくわかってなくて、「あ〜〜〜れ〜〜〜」という間に月組に配属されてしまっていたのだ。
ちなみにポケモンGOでは組替えはない。

ところが昨今の噂では、3つのチームのうち黄色が一番人数が少ないらしい。
こんな笑っちゃう記事まで見つけてしまった。

嗚呼月組……(>_<)
でも、もし色々わかった今改めてどのチームに入るか聞かれても、あまのじゃくな私はやっぱり黄色チーム(ていうか月組)に入ってしまうような気がする。

というわけで、覚悟を決めて月組でがんばる‼️


【追記】
その後こんなこともやらかす立派な月組戦士に成長しました。
20160818_205137

«新手のナンパ術?